Interview|コリー・ウォン世界最高のリズム・ギタリストが理想とするストラトキャスター! Interview|コリー・ウォン世界最高のリズム・ギタリストが理想とするストラトキャスター!

Interview|コリー・ウォン
世界最高のリズム・ギタリストが理想とするストラトキャスター!

ナイル・ロジャースが求めたことが、実は僕の要望とかなり近かったらしいんだ。

ボディ・フィニッシュやパーロイドのピックガードなどはHighway Oneと同じです。さらにヘッドストックのシェイプをモディファイしているそうですが、外観へのこだわりも聞かせてもらえますか?

 これらについては常に2つの理由がある。1つはもちろんルックス的な側面だ。このルックスが僕は好きだし、このギターのユニークなポイントでもある。フェンダーは根気強く僕に付き合ってくれて、このギターのルックスに関わるすべてのステップについて検討してくれたよ。しかし、もう少し実践的な話をすると、ヘッドとボディの形状っていうのはギター・サウンドにおけるアタック感とサステインに大きな影響を与えるものなんだ。

ヘッド・シェイプがやや細身にモディファイされているのもポイント。

ほかにHighway Oneの再現にこだわった部分やこのモデルのポイントとなっているものがあれば教えて下さい!

 Highway Oneとこのギターの似ているポイントはサファイア・ブルー・トランスペアレントのニトロ・サテン・フィニッシュにある。でも僕が持っているHighway Oneのホワイト・パワーロイド・ピックガードは、実は僕が購入後に交換したものなんだ。あとは22フレットのローズウッド指板も共通のポイントだね。このギターで目指したのはアタック感が即座に得られることで、ローズウッドの指板はその実現にかなり一役買ってくれていると思う。ローズウッドってソフトで少し丸みを帯びた感じのアタック感にさせてくれる効果があるんだ。

ほかにフェンダーとの開発で思い出に残っているエピソードや、開発に苦労したポイントがあれば教えて下さい。

 今パッと思い浮かぶポイントが2つ、いや3つあるかな(笑)。開発チームからリストが送られてきて、“ここにギターに盛り込むことができるスペックの表がある。どうしたいのかを君の求めるとおりに全てここから選んで欲しいし、さらにどんな細かいことでも構わないから追加したいことなど自由に教えてくれ”と言われた。彼らは僕のどんな希望にも協力すると言ってくれて、これはかなり特別なものとなったよ。もう1つはFedExのトラックがやってきて最初のプロトタイプを届けてくれた時で、箱を開けてギターを見たら僕の名前が入っていて、ずっと話していたことが実現したんだと感動した。あの瞬間もスペシャルだったね。子供の頃からストラトキャスターをプレイしてきた者として、自分の名前が入ったストラトキャスターを手にするなんて信じられないことだった。とても深い感謝の気持ちを感じだよ。

そして3つ目は?

 最後は個人的にも興味深い話なんだ。このギターが完成したあとに開発チームと話をしていたら、彼らがナイル・ロジャースと彼の愛器“ヒット・メーカー”を再現した時の話をしてくれてね。その時にナイルが求めたことが、実は僕が求めたことにかなり近かったらしいんだ。彼らは僕からの要望を聞いて、“この2人のリズム・プレイヤーたちはかなり同じような感覚を持っているんだね!”って驚いたらしいんだよ。僕は自分のことをリズム・ギターのプレイヤーだと思っているし、彼に対しても誰もがそう思い描いているはずだ。

2人ともまごうことなきカッティングの名手ですね。

 彼らは、まさか僕がナイルとほぼ同じようなことをリクエストしてくるなんて思ってもいなかったみたいだけど、もう同じようなことをやったことがあるから僕の要望を実現するのはかなり簡単だったらしい。フェンダーの人たちからすると“本当にこのスペックで欲しいの?”っていう感じだったみたいだけど、僕は“どうしてかわからないけど、これがいいんだ!”の一点張りで、彼らはずっと“コリーとナイルは同じことを求めているんだなぁ……”と思っていたみたいだね(笑)。

アンプに関して必ずやっていることは、リバーブをオフにすることだ。

オススメしたい使い方や、このギターとの組み合わせで気に入っているペダルやアンプはありますか?

 僕はクリーンなギター・アンプが好きなんだ。とにかく気持ちいいクリーン・トーンが得られる出力が高いアンプを組み合わせると、クリーミーで素晴らしいクリーン・サウンドが得られる。あとペダルに関していうと、僕はコンプレッサーと組み合わせるのが好きで、ワンプラーのEgo Compressorペダルを使っているよ。

ギター側のピックアップやトーン、アンプ側のセッティングで気をつけていることを教えて下さい。

 ピックアップは基本的に4thポジションで使っていて、このギターならPanic Buttonもオンにしておけば同じことが得られる。ボリュームとトーンはフルにしていることがほとんどだね。で、アンプに関して必ずやっていることは、リバーブをオフにすることだ。リズム・ギタリストがやってしまいがちな過ちの一つが、リバーブを深めにかけてしまってリズムの正確性やアタック感を失ってしまうことだ。サウンドがドロッとしてしまい、伝えたいメッセージも伝わらなくなってしまうかもしれない。トレブル、ミドル、ベースは基本的に5にしておいて、ボリュームはその時プレイするバンドのサイズに合わせて適切な音量にしているね。

このモデルをどんなプレイヤーにオススメしたいですか?

 このギターの素晴らしいところは、誰でもこれを手に取れば僕のサウンドをすぐに手に入れられるということにある。ファンクやR&Bのクリーンなサウンドが簡単に手に入れられるんだ。もう1つ素晴らしいポイントは、“ストラトキャスターである”ということ。ストラトキャスターは最も多彩な使い方ができる、すべての時代の顔として存在してきたアイコン的なギターだ。ほかのストラトキャスターでできることはもちろん、このギターはそもそもファンクやR&Bのクリーンでホットなサウンドを出すことを前提としているから、クラシックなものからモダンなものまで幅広くプレイできてしまう。このギターがあれば僕のトーンやサウンドを得ることを助けるだけじゃなくて、プレイヤー自身のサウンドだって得ることができるだろうね。

では最後に、このギターが気になっている人、あなたのプレイを観たくてたまらない日本のファンたちへ、メッセージをお願いします!

 このギターは本当に長い年月、血と涙と汗をくり返して完成した。僕が求めたギターそのものだよ。フェンダーは本当に素晴らしいギター・メーカーで、僕を新たなシグネチャー・アーティストとして迎えてくれた。これは本当に信じられないことなんだ。今僕が手にしているこのギターの背面には“この楽器は素晴らしい”と書いたメッセージをサインしているから、ぜひ探してみてほしいな(笑)。そして僕はこのギターを君たちの目の前でプレイする日を心待ちにしている! これは僕にとってナンバーワンの優先事項で、長年願い続けてきた。それにプレイするだけじゃなくて、日本がどういう場所なのか目にしてみたいし、街中を歩いてどんな音楽シーンがあるのか吸収してみたいと思っているんだ。

Fender
Cory Wong Stratocaster®

【スペック】
Series: Artist
Body Material: Alder
Body Finish: Satin Urethane
Neck: Maple, Modern “D”
Neck Finish: Satin Urethane
Fingerboard: Rosewood, 10” to 14” Compound Radius (254 mm to 355.6 mm)
Frets: 22, Medium Jumbo
Position Inlays: White Dot (Rosewood)
Nut (Material/Width): Bone, 1.6875” (42.86 mm)
Tuning Machines: Fender® ClassicGearTM
Scale Length: 25.5” (648 mm)
Bridge: 6-Saddle Vintage-Style Synchronized Tremolo
Pickguard:4-Ply White Pearloid
Pickups:Seymour Duncan® Cory Wong Clean MachineTM Custom Stack PlusTM (Bridge), Seymour Duncan® Cory Wong Clean MachineTM Single-Coil (Neck & Middle)
Pickup Switching:5-Position Blade: Position 1. Bridge Pickup Position 2. Bridge and Middle Pickup Position 3. Middle Pickup Position 4. Middle and Neck Pickup Position 5. Neck Pickup
Controls: Master Volume with Treble-Bleed, Tone 1. (Neck Pickup), Tone 2. (Bridge Pickup)
Control Knobs: White Plastic
Hardware: Nickel/Chrome
Strings: Finish: Nickel Plated Steel (.010-.042 Gauges)
Case/Gig Bag:Deluxe Hardshell

【価格】
319,000円 (税込)

【問い合わせ】
フェンダーミュージック TEL:0120-1946-60 http://fender.co.jp