Interview|J・マスキス(ダイナソーJr.)リイシューもされた相棒=58年製テレキャスターを語る! Interview|J・マスキス(ダイナソーJr.)リイシューもされた相棒=58年製テレキャスターを語る!

Interview|J・マスキス(ダイナソーJr.)
リイシューもされた相棒=58年製テレキャスターを語る!

このギターを手に入れてから
メイプル・ネックが好きになったよ。

ボディ裏にストリング・ホールがなく、弦をブリッジ・プレートのエンドから通すトップローダー仕様。58年製の特徴である。

このギターの最も特徴的なところはトップローダー・ブリッジだと思います。これにより弦の張力が下がり、独特のアタック感につながっていますが、どういう印象ですか?

 こっちのほうが好きかな。ボディを貫通する従来のタイプのテレキャスターも何本か持っているけど、トップローダーのほうがベンドしやすく感じるよ。“サステインが短い”と言う人たちがいるけど、オレはこのブリッジと裏通しタイプを比べたわけでもないし、そこのところはわからない。それにオレのサウンドは、たいていBig Muffなんかのペダルを踏んでサステインが常にある状態だから、ギター本体のサステインが減ってもそこまで問題にはならないんだ。そもそも初めて手に入れたテレキャスターがこれだったから、そういうものだと思ってやってきたところがある。持っているほかのテレキャスターも可能な限りトップローダーのブリッジに交換しているよ。

あなたはジャズマスターの弦高をとても高く設定していますが、テレキャスターの弦高はどのように? 

 こっちはそんなに高くはないんだ。でも、1弦だけちょっと高めになっているね。自分でもどうしてかわからないが、弦高が高いのはジャズマスターだけの話なんだ。なぜだかそれがシックリくる。ほかのギターの弦高は低いものが多いね。

テレキャスターは指板面のラウンド具合に沿う形で弦高を設定していますか? それともジャズマスターと同じように、平面的に近い形で弦の高さを調整していますか?

 感覚的に調整しているから、まったくわからないな。誰かに指摘されたことがあるんだが、どう調整しても最終的に1弦が高くなってしまうんだ。一般的なプレイヤーだと基本的に1弦が最も低くなるはずなのにね。1弦以外だと、オレはあまり高さについてこだわったことがないかな。

シグネチャー・テレキャスターのピックアップは58年製のサウンドを再現したとのことです。50年代後半のテレキャスターはとてもパワフルな印象がありますが、このギターはどのようなサウンドになりましたか? 

 58年製を購入する時、前の所有者は“56年製のピックアップを取り付けた”と言っていた。オリジナルのものが壊れてしまったからなのか、56年製のものを気に入ったからなのかはわからないけどね。オレはこのサウンドを気に入っているけど、それ以外のことについてあまり考えたことがないんだ。

そうだったんですね。

 オレのテレキャスターはなぜかそこまでトレブリーじゃなくて、それはこのパワフルなピックアップに起因しているのかもしれない。P-90にかなり近い印象だ。ライブで使っているテレキャスターにはSeymour Duncan Custom ShopのBG1400を搭載させていて、これはフィルタートロンとP-90の間のようなサウンドらしいんだよね。ハムキャンセリング効果もあって、オレがライブで使うテレキャスターには必ず搭載させている。ダークでヘヴィなサウンドなんだ。

テレキャスターのピックアップは基本的にブリッジ・ポジションを使っているようですが、レコーディングでネック側やミックス・ポジションを使うことはありますか?

 基本的にブリッジ側を使っているけど、「Start Choppin’」のイントロではネック・ピックアップを使ったよ。クリーンで丸みを帯びたサウンドが欲しい時はネック側にすることもあるんだ。でも、基本的にはブリッジばかり使っているね。ジャズマスターみたいにミックス・ポジションで弾くことはほぼないな。

今回のシグネチャー・テレキャスターとフェンダー・アンプのセットアップで行なわれたダイナソーJr.のライブ。「Start Choppin’」、「Feel The Pain」、「I Ran Away」を披露。

テレキャスターでレコーディングを行なう際は、どのような機材を組み合わせるのでしょう?

 アンプはVOXのAC15、もしくはAC30だね。テレキャスターではTone Benderをよく使うし、最近だとRangemasterも使うようになったけど、やっぱりレコーディングでBig Muffの出番はないな。

1ピースのメイプル・ネックはトレブリーでアタックが強いという印象がありますが、あなたのシグネチャー・テレキャスターにもネックに由来するアタック感の強さを感じますか?

 それはあるね。このギターを手に入れてからメイプル・ネックが好きになったよ。ローズウッド指板よりもベターなサウンドだと思うんだ。最近作ってもらったジャズマスターの何本かにはメイプル指板のネックを付けていて、かなりクールなサウンドになっている。ジャズマスターのメイプル指板ってオリジナルには存在していないけど、オレは気に入っているよ。

シグネチャー・モデルを作るとなると、オリジナルの仕様にはないものを付け加えるミュージシャンもいますよね。

 それはなくて、とにかくコピーしてもらうことだけを頼んだかな。むしろ何も変えたいと思わなかったんだ。

完成したシグネチャー・テレキャスターを実際に弾いてみて、どのような感想を抱きましたか? 

 最初に受け取ったヤツはかなり重くて好きになれなかったんだ。でも、そのあとに作ってもらった2本目のプロト・タイプはオリジナルにかなり近くて満足したよ。

もしツアーに出るとなったらこのシグネチャー・テレキャスターを持っていくのでしょうか?

 うん。多分持って行くことになるだろうね。

このシグネチャー・モデルはどのような人に手にとってほしいですか?

 すべてのギター・プレイヤーに手にして欲しいさ(笑)。少なくともテレキャスターが欲しい人なら、一度はトライしてもらいたいかな。そして気に入ってもらえたら嬉しいな。

Fender
J Mascis Telecaster

【スペック】
BODY
Body Material: Alder
Body Finish: Gloss Polyester
Body Shape: Telecaster®

NECK
Neck Material: Maple
Neck Finish: Road Worn® Nitrocellulose Lacquer
Neck Shape: “C” Shape
Scale Length: 25.5″ (648 mm)
Fingerboard Material: Maple
Fingerboard Radius: 9.5″ (241 mm)
Number of Frets: 21
Fret Size: Jumbo
Nut Material: Synthetic Bone
Nut Width: 1.685″ (42.8 mm)
Position Inlays: Black Dot

ELECTRONICS
Bridge Pickup: J Mascis Custom ’58 Tele® Single-Coil
Neck Pickup: J Mascis Custom ’58 Tele® Single-Coil
Controls: Master Volume, Master Tone
Switching: 3-Position Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Neck Pickups (Out of Phase), Position 3. Neck Pickup
Configuration: SS

HARDWARE
Bridge: 3-Saddle Vintage-Style Topload Tele® with Barrel Brass Saddles
Hardware Finish: Nickel/Chrome
Tuning Machines: Vintage-Style
Pickguard: 1-Ply Mirrored Chrome
Control Knobs: Knurled Flat-Top
Switch Tip: Black
Neck Plate: 4-Bolt

MISCELLANEOUS
Strings: Fender® USA 250R Nickel Plated Steel (.010-.046 Gauges), PN 0730250406

ACCESSORIES
Case/Gig Bag: Included: Deluxe Gig Bag

【価格】
165,000円(税込)

【問い合わせ】
フェンダーミュージック TEL:0120-1946-60 http://fender.co.jp