Interview | ビートりょう(THE BOHEMIANS)【後編】魂の『essential fanfare』全曲解説 Part.2 Interview | ビートりょう(THE BOHEMIANS)【後編】魂の『essential fanfare』全曲解説 Part.2

Interview | ビートりょう(THE BOHEMIANS)【後編】
魂の『essential fanfare』全曲解説 Part.2

THE BOHEMIANSの10thフル・アルバム『essential fanfare』について、ギタリストのビートりょうにアルバムの全曲解説を依頼してみた。本記事ではインタビュー前編に続き、アルバム後半の解説と、レコーディングでの使用機材をご紹介しよう。

取材・文=小林弘昂 人物・機材写真=星野俊


簡単に言うと、
僕は浮気ギタリストなんです。

全曲解説、後半です! 6曲目は本間(ドミノ/k)さん作曲の「VINYL PRESS STONE」。鍵盤がメインのポップな楽曲で、本間さんらしさが出ていますね。

 本間的には、ビリー・プレストンとかの世界観だったんじゃないですかね。あの男、また注文がうるさくてねぇ。

(笑)。本間さんは完成形のビジョンが見えた曲作りをしているんですね。

 僕と本間は宅録で音源を作ってくる人なんですよ。なので実はTHE BOHEMIANSは宅録バンドという。で、本間のデモを再現した形に近いんですけど、ギター・ソロはプリプロの音なんですよ。一応本チャンのレコーディングでもソロを弾いたんですけど、超えられなくて、“だったらこっちでいいんじゃない?”ってことで(笑)。プリプロをそのまま採用したってパターンはけっこうあって、『憧れられたい』に入っている「THE ROBELETS」は、実はバンドの音が丸ごとそうなんです。プリプロの時はアンプを通さないでシミュレーターでやるんですけど、今はラインの音でもすごく良く録れますからね。

そうだったんですね。そのギター・ソロですが、フロント・ピックアップのサウンドも相まって、かなりメロウに仕上がりました。

 メンバーが作った曲の時にはプロに徹するんですよ(笑)。要は言われたようにちゃんとやる。自分で作った曲は“自分の曲だからいいだろう!”みたいな感じですけど。

本間さんから“こういうソロで!”みたいなオーダーがあったんですか?

 リフはありましたけど、ソロの細かい指示はなくて。このソロは1回セッションでまるっと弾いて、“良いじゃん!”みたいな感じになったのかな。それでレコーディングをしたら、“プリプロのほうが良かったかな……”と。

7曲目の「カンケイシャになりたくないっ!?」は、パワー・ポップがひねくれた感じになりましたね。

 ひねくれすぎましたね。イントロから。

これはもう完全にりょうさんが作った曲ですよね?

 いや、それはわからない! メンバーの誰とは言わないですけど、間違いなくハロプロにハマったからできた曲ですね。

この曲はストレンジなシンセと骨太なギターが混ざっていて、不思議な印象です。

 この曲、基本はルーズなロックンロールなんですよ。ほっしー(星川ドントレットミーダウン/b)は“ギターのリフがPUFFYっぽい”って言ってましたけど。そこにシンセが入って、すごくメリハリが付いたと思いますね。本間ってシャイなので、わかりやすいリフをあんまり弾きたがらないんです。でも、さわおさんのアイディアであのシンセを入れることになって。

あのシンセを軸にするのは、思い切ったアレンジだなと思いました。

 うん。正解に近づいたなと思いますね。この曲、僕の中ではエアロスミスなんですよ。「F.I.N.E.」っていう曲があるんですけど、まさにそれ。パワー・コードに小指で6度を足すブギー・スタイルがあるじゃないですか? 僕ね、各アルバムに必ず1曲はそういうギターの曲を入れるんです。それがないと仕事をしてない気持ちになるんですよね。最近気づいたんですけど、チープ・トリックに「Come On, Come On」っていう曲があって、その曲もポップなコードの上でブギーのギターをやってるんですよ。リック・ニールセンは60年代から活動しているから、やっぱりロックンロールの人なんだなと思いましたね。ちゃんとブギーを入れてるのが偉い。ロックンロールはブギーですよ!

話は変わりますが、りょうさんはキース・リチャーズのようにsus4コードをよく使いますよね。

 まぁ、浮気なんですよね。この薬指、小指の動きは。

(笑)。sus4の4度は3度に戻ってくるという習性があります。

 そう。だから結局、元の奥さんに戻ってくるという(笑)。簡単に言うと、僕は浮気ギタリストなんです。ここが大きい見出しになったりして。

見出しにしておきます。では、8曲目「いとしの真理」にいきましょう。

 これはマージービート的な世界観というかね。もうネタバレしますけど、杉真理さんへの完全なオマージュ、リスペクト曲です。実は5年くらい前から作ってたんですよ。でもコードだけがあって、収まりの良い歌詞がない状態で。僕、弾き語りもたまにやるんですけど、去年の弾き語りライブで歌詞を完成させて自分のオリジナル曲として演奏したんですよ。それが良かったからTHE BOHEMIANSでやってもいいんじゃないかとなり、今回レコーディングしたんです。僕の中では、杉真理さんが作る初期ビートルズっぽいマージー・スタイルの曲ですね。ギター・ソロのスライドは70年代のジョージ・ハリスンっぽいですけど。

このウェットな感じのスライドはソロになってからのジョージですね。

 そういうことです。あと、このスライド・ソロはMr.Childrenの田原(健一)さんのイメージもあって。田原さんは僕の中で日本のジョージなんですよ。派手なプレイじゃないけど、シンプルに良いギターを弾くのが好きなんです。

なるほど。ソロでスライドを使った曲はTHE BOHEMIANSでは初めてじゃないですか?

 スライド自体はインディーズの1st『I WAS JAPANESE KINKS』に入っている「She Said Yeah!Yeah!Yeah!」のリフでムダに使ったことはあります(笑)。そういう謎の使い方はしてますけど、ギター・ソロでは初ですね。難しかったです。

9曲目の「図鑑」は、12弦ギターを使った80年代UKのネオアコっぽい雰囲気です。

 そのとおりですね。この曲は去年買ったリッケンの12弦です。イメージとして“プライマル・スクリームの『Sonic Flower Groove』みたいな感じにしたい”と言ったら、千葉(オライリー)君のドラムも80’sじゃないけど、あの年代っぽいリバーブの効いたものになったという。僕、基本的に12弦の曲って好きなんですよ。それだけでアルバムを作りたいくらい。

おお〜。ということは、今後も12弦ギターを使った曲は増えていくんですね。

 やりたいですね。元を取るためには(笑)。この曲ではクリーンに近い音作りですけど、12弦って倍音が気持ち良いので、歪ませても意外とカッコ良いんですよね。僕の12弦はMC5のフレッド・ソニック・スミスも使っていたモデルで、あの人はもうコードをガンガン弾くから、そういう使い方もありなんだなと思いました。それとザ・フーの初期でピート・タウンゼントが12弦を弾いてたじゃないですか。ああいう使い方もすごく好きですね。

>ビートりょうの使用機材は次ページで!