イカサマイマサ『最終回』 イカサマイマサ『最終回』

イカサマイマサ
『最終回』

15ヵ月間34回、一度も休まずに連載できた『イカサマイマサ~ブリキのギターに愛を込めて』は今回で終了です。学校では修了式や卒業式のある月だし、会社などでは新年度の直前という日が最後の更新って、なんか素敵だ。

自分はティーンエイジャーの頃から“プロと言えばバンドでデビューし、自作を本人たちで演奏すること以外にない”と思い込んでいた典型的wannabeだったせいで、なかなか気付かなかったこと。音楽に関係した仕事って、表方から裏方まで、それこそ無数にあるよね。共通しているのは皆「音楽」が好きな人たちってことかなぁ。奏法の先生だってそうだし、実演家がスムーズにビジネスマンと渡り合えるように取りまとめる人もそう。ビルダーも楽器メーカーに勤める人もそう。とにかく、けしてプレイヤーやパフォーマーだけじゃないんだよなぁ。たまたま自分はロック、ポップス、エレクトリック・ギターにハマってずっと来ちゃったクチだけど、ジャンル問わず、作り出すことも、拡散することも、奏でることも、そしてもちろん享受することも、すべてひっくるめて楽しいのが「音」だよね。

ギリギリ二十歳になる前くらい、当時組んでたバンドで大手レコード・メーカー内の小さなレーベルからシングル盤をリリースした。恥ずかしいほど“デビューできた気分”に浸って、

「俺もプロ・ミュージシャンだぜ」と鼻息荒くしてたところに、30代の背広を着込んだ営業担当という社員氏が「キミたち〇〇は聴いたことある?」と昭和の歌謡界の歌手の名前を出して訊いてきた。もう想像ついたと思うけど「聴くわけないっすよ、うちらロックだし」と、まぁ、青二才丸出しアンサーに対し営業氏は「そうかぁ、もったいないなぁ。この時代のメロディってね、ビッグ・バンドとか付かなくても、ギター1本で成立するんだよ。キミたちみたいな小編成バンドにはいいヒントになるはずなんだけどな」とデスクの横に立てかけてある古っ茶けたガット・ギターを抱えると、いきなり弾き始めた、めちゃきれいな運指で。

“う、うまい……”

「僕も学生の頃、レコード・デビューを夢見てロック・バンド組んだり、曲書いたりしてたんだけどね、洋楽の物真似ばかりじゃ情けないなって、演歌や昔の歌謡曲とか聴いてみたんだよ」

「そうしたら、プロの先生たちの仕事のすごさに参っちゃってさ。こりゃヘタなギター弾いてる場合じゃないなって思ってレコード会社に入ろうって決めてね、ふふっ」

“いや、ガット・ギターめちゃうまいんですけど……”

「この世界、どんなに良いモノでも、売れなきゃ認められないってとこもあるからね。僕は良いものが世間に広まるよう努める仕事を頑張ることにしました。キミらも頑張って良いものをたくさん作って、僕を働かせて下さいよ」

自分話をニコニコしながらしてるだけって体だったけど、びびったし、染みたなぁ。

まぁ、それから3ヵ月でレーベルが消滅したっていうのは、また別の話なんだけど。

「好き」や「楽しみ」で楽器に触れているうちに「音楽」にどっぷりハマったり、その逆に「音楽」に興じるうちそれを形成する「楽器」や「その他のこと」にのめり込んだり、きっかけだとか動機は人それぞれだろうけれど、こうしてギター専門誌の俺のコラムを読んでくれている「音楽好き」のキミやアナタとの出逢いに感謝、ありがとう!

では、またいつか。

Photo by Taichi Nishimaki
Photo by Taichi Nishimaki

いまみちともたか

INFORMATION

2022年東名阪Live Tour

4月2日(土)/名古屋 HeartLand
4月3日(日)/大阪 南堀江 knave(2公演)
4月9日(土)/二子玉川 GEMINI Theater(2公演)
※各公演詳細は公式HPをチェック!

Profile

いまみちともたか

いまみちともたか◎1959年生まれ。BARBEE BOYSのギタリストとして1984年にデビュー後、佐野元春や井上陽水のレコーディングに参加するなど、多方面で活躍。ほかにも、椎名純平らとのヒトサライ、自身がホストとなってゲストを迎えるスタジオ・ライブ・シリーズ=“カメを止めるな”を主催するなど、精力的に活動中。18年ぶりのソロ・アルバム『Uta-Mono』が、2022年2月16日にリリース。

公式HP>
Twitter>
Facebook>
Instagram>
YouTube>

INFORMATION

2022年東名阪Live Tour

4月2日(土)/名古屋 HeartLand
4月3日(日)/大阪 南堀江 knave
4月9日(土)/二子玉川 GEMINI Theater
※各公演詳細は公式HPをチェック!

作品データ

『Uta-MONO Tomotaka IMASA Imamichi』
いまみちともたか

D.SKH-E/DSKH-2106/2022年2月16日リリース

―Track List―

01. ブリキのギターに愛を込めて-Tin man’s Ax-
02. SPICY-月下絶頂美人-
03. The 80’s-エイティーズ-
04. -AREEGATO- あり~がとう
05. J@B T@LK
06. パレードは中止 -lockdown parade-
07. 夢遊 -dream play-
08. カリスマ-Charisma-
09. 嘘のようなマジな話 -Truth lies here-
10. ぼくらのバックナンバー -centerfold mystery-
11. All Okay
12. 「うまくやれ」-Reboot-
13. How Do You Do?

―Guitarist―

いまみちともたか