『実は簡単! オープン・チューニング活用法』第6回 by エバラ健太 『実は簡単! オープン・チューニング活用法』第6回 by エバラ健太

『実は簡単! オープン・チューニング活用法』第6回
by エバラ健太

4月27日発売アコースティック・ギター・マガジン2022年6月号、Vol.92の連載コーナー「見直してみよう! アコースティック・ギター基本の“キ”」。ギタマガWEBでは、各連載記事の概要をお届けしたい。ここではSSW/ギタリストのエバラ健太が登場。同じようなことを弾くにしてもチューニングを変えることでパッと世界が変わリ、こっちのほうが簡単に弾けることもあるというオープン・チューニングの基本を見直してみよう。YouTube動画連動でお届けする。

第6回:オープンDチューニング 前編

 チューニング変えてますか(猪木風に)! さて第6回目となります今回、取り上げたいのは“オープンDチューニング(前編)”です。

 オープン・チューニングの中でも、最もポピュラーなものなので、まだ実際に演奏したことがないという方でも、言葉を聞いたことがあったり、どこかで演奏を耳にしていることがあったりするかもしれません。ブルースが好きな方は、ボトルネックを使ったスライド・ギターのフレージングを思い浮かべてみて下さい。フォーキーな弾き語りにも、ブルージィなスライド・ギターにも、味わい深いソロ・ギターにも抜群の相性のチューニングなので、ぜひ一緒にその魅力に迫っていきたいと思います!

 前編の今回は、ブルージィなフレーズや、スライド・ギターにも挑戦してみましょう。至急ボトルネックのご用意を。お持ちでない方は、七味や一味の空き瓶でもかまいません。今回はその特徴的な音の並びを生かしたエクササイズ&練習曲を作ってみました。YouTube動画で演奏したフレーズは、すべてアコギマガジンVol.92に掲載しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

オープンDチューニング活用法 前編

詳細はアコースティック・ギター・マガジン2022年6月号、Vol.92をご覧下さい!

<第5回

アコースティック・ギター・マガジン
2022年6月号 Vol.92