テスコ デル・レイスペクトラム5 テスコ デル・レイスペクトラム5

テスコ デル・レイ
スペクトラム5

個性的な魅力で多くのギタリストたちを虜にする“ビザール・ギター”を、週イチで1本ずつ紹介していく連載、“週刊ビザール”。第2回は、本サイトのヘッダー画像にもなっているテスコの銘器=スペクトラム5の登場だっ!!

文=編集部 撮影=植田山月、星野俊 ギター提供=伊藤あしゅら紅丸

国産エレキの最高峰
テスコ デル・レイ スペクトラム 5

斬新なアイディア + 切ない外観
=愛せるビザール。

“エレキ・ブーム”最高潮の時期、テスコがその技術の粋を尽くし誕生したのがこのスペクトラム5。世界中の好事家を虜にするビザール・ギターの代名詞とも呼べる外観で、“王者の風格”すら漂わせている。写真は1966〜1967年製の個体で、海外輸出用ラインとして生まれた“テスコ・デル・レイ”の名を冠する1本だ。

“ジャーマン・カーブ”と呼ばれるボディ外周に施されたコンター加工は、“エレキ・ブーム”の象徴でもあったモズライトのギターに代表されるスペック。これは、その美しい見た目のほかに、ハイ・ポジションへのアクセスをしやすくするなど演奏性も高めている。しかし、フラット・トップと比較すると高い製作技術とコスト、作業工程が必要であり、このギターへかけた情熱をうかがい知れるポイントだろう。

また、サウンド/ルックスともに最大の特徴となるのが6つのスプリットPUと、カラフルな配色の切替スイッチだ。独創性あふれるこの仕様が本機をビザールたらしめる大きな要因であり、深い魅力となっている。ただ、その6つのピックアップは、1〜5の数字が振られたカラフルな配色のスイッチで切り替えるのだが、これがかなり複雑。

高音弦側をフロントから順に①②③、低音弦側を同様に④⑤⑥とすると、【スイッチ1】すべてON(ロー・カット)、【スイッチ2】すべてON(フェイズアウト)、【スイッチ3】③⑥がON(シングルコイル・サウンド)、【スイッチ4】①③④⑥がON(ハムバッカー・サウンド)、【スイッチ5】すべてON(ハイパワー・ハムバッカー・サウンド)とのこと。

スプリット・ピックアップを採用したのは“カラフル=多様な音を出す”というコンセプトを受けたものであり、本器を象徴する箇所だ。

加えて、本器はジャックがふたつあるステレオ出力であり、前述のスイッチよりボディ・エンド側にある“STEREO/MONO”スイッチで出力を切り替える。通常のギター同様モノラル出力で使う際は、ジャック1に挿す。

斬新すぎるテスコ技術陣のアイディアと、切なさあふれるその外観が見事に融合された、ビザール・ギターの頂点に君臨する王者である。

王者の風格、そして切なさ。これぞ“ビザール”と言いたい、代名詞的なルックスだ。4対2のヘッド・ストックなど、時代を先取りした仕様も見逃せない。

こちらは1990年代に再生産されたリイシュー・モデルのうちの1本で、ボディはアクリル製である。ただでさえインパクト大のスペクトラムが透明になり、あらわになった複雑な配線が興味深い。

トレモロ・ユニットは専用設計で、カバーの中は複雑な構造を持つ。サドルはマイナス・ネジによって上から押さえつけるように固定されており、オクターブ・チューニングの調整も容易だ。

ステレオ出力が可能なジャック。シールド1本で普通に使用したい場合は“1”に差し込む。ステレオ出力する際は“2”にも差し込み、MONO/STEREO切替スイッチをSTEREO側にセット。するとジャック1からは4〜6弦が、ジャック2からは1〜3弦が出力される。

1990年代にリイシューされたアクリル・モデルは、内部構造も丸見え。オリジナルと同じくステレオ出力を搭載している。

スイッチ類を取り付けるプレートなども専用に設計されたもので、細かい部分にまで手がかけられているのを実感できる。

キャビティ内は配線が縦横無尽に配置されている。見てのとおり複雑な作業と電装系への知識が必要であり、当時のテスコが持っていた技術力の高さを感じさせる。

本記事はギター・マガジン2016年9月号『弾きたいビザール』に掲載された記事を加筆/再編集したものです。本誌では、哀愁たっぷりのシェイプを持つ愛しいギターをこれでもかと紹介しています。好事家のプロ・ギタリストたちが持つビザール・ギターも掲載。