ワンランク上のシールド・ケーブル徹底試奏!Solid CablesDynamic Arc Ultra ワンランク上のシールド・ケーブル徹底試奏!Solid CablesDynamic Arc Ultra

ワンランク上のシールド・ケーブル徹底試奏!
Solid Cables
Dynamic Arc Ultra

文:井戸沼尚也、編集部 製品撮影:星野俊

ソリッド・ケーブル
ダイナミック・アーク・ウルトラ

楽器本来の音を伝える上位モデル

ハイエンドなケーブルを扱うソリッド・ケーブルの中でも最上級のモデル。アンフェノール社製のエアロ・スペース・グレードのプラグに航空機産業用の銀ハンダを使用し、1本ずつ手作業で製作されている。芯線に用いた純度99.99%以上の“ウルトラ・ピュア・カッパー”によって楽器本来の音を完璧に伝達しつつ、ケーブル皮膜の外側にはグラスファイバーを編み込んだ素材を採用して、圧倒的な耐久性を誇る。

NISHIDA’S COMMENT

ハイファイですがビンテージ寄りの色気もある。

ツヤがあってレンジも広くて、“高級モデル”という音ですね。この質感はディレイや歪みだったり、エフェクト乗りがいいと思いますよ。同じブランドのGTシリーズよりもさらにローが出ていますが、ゴリッとしたアタック感やガッツがある感じはGTシリーズと似ているので、ここはブランドの個性かもしれません。ハイファイではあるんですけど、少しだけビンテージ側に歩み寄っているというか、そういう色気があるのも好印象です。

ライン録音レビュー
同社GTシリーズと比べてハイファイでクリアなサウンド。こちらはダンブルやボグナー系など、モダン寄りのシミュレーターで使いたい。(編集部)

Solid Cables
Dynamic Arc Ultra

価格 : 20,000円(10feet S-S)(税抜)
ゼンブジャパン ☎06-6441-2263

>『ワンランク上のシールド・ケーブル徹底試奏!』記事一覧

*本記事はギター・マガジン2020年10月号にも掲載されています。

本号の特集は「’70s BLUE NOTE〜70年代ブルーノートとクロスオーバー前夜のギタリスト」。”新時代の音を作ってやる”という気概のこもった当時のギタリストたちのプレイと、デヴィッド・T.ウォーカー、リー・リトナーらの証言インタビューで、彼らのドラマと偉業に迫っていく。