ジェイ・モーリアLG40 ジェイ・モーリアLG40

ジェイ・モーリア
LG40

個性的な魅力で多くのギタリストたちを虜にする“ビザール・ギター”を、週イチで1本ずつ紹介していく連載、“週刊ビザール”。今週はグヤトーンが海外輸出用として作っていたジェイ・モーリアのLG40。愛らしいルックスの1本だが、グヤトーン製ギターの進化過程を紐解くうえで、かなり重要なのでは?というレアなモデルである。さっそく、その詳細をみていこう。

文=編集部 撮影=星野俊 ギター提供=伊藤あしゅら紅丸

歴史のミッシングリンク。
グヤトーンの進化の過程が
ついに解明できるかも?

もっこりとした、ジャジィな音色

まず初めに言っておきたいのだが、これはかなり珍しい。

もう一度言おう。これはなかなかお目にかかれない逸品だ。

本器は、グヤトーンが海外輸出用に作っていたLG40というモデル。ヘッドに貼られた“J.mauriat”はイギリスの輸入商社であることから、英国向けのものなのだろう。

一部の好事家の間でしばしば話題にのぼるのが、50年代後半から60年代前半にかけての数年間で、グヤトーンのコンセプトが激変しているということ。ものすご〜く簡単に言えば、ギブソン路線を感じさせる50年代に比べ、60年代に入ると一気にフェンダー路線に近づくのだ。

そのため、“何か移行期のモデルがあるんじゃないか……?”と、想像していた人もいるはず。

そして、その間を埋める“進化のミッシング・リンク”となるのが、今回発見されたこのLG40ではないか、というのがGM編集部の見解だ。

▲グヤトーンのギブソン路線を代表するLG-60B(左)と、フェンダー路線の走りであるLG-70。両者の間にこのLG40を置いてみると、進化の過程にぴったりとハマるのがわかる。

例えば左右非対称のシェイプは、同社のLG-70(国内発売は62年頃)などにみられるフェンダー路線のそれであるが、本器はそれらに採用されていたデタッチャブル・ネックではなく、それ以前に多く見られるセットネック仕様である。また、ボディにコンター加工はなく、バインディングが施されたフラットなトップ&バックは、LG-60B(国内発売は58年頃)のようなレスポール風の作りだ。

ほかにも、ブランコ・テイルピースはギブソン系で、ピックアップのオン/オフ・スイッチはジャガー的だし……と、50’sグヤトーンと60’sグヤトーンの両方の特徴を備えているのだ(というより二強の融合と言ったほうが正しいか)。

本器の製造年代については残念ながら不明だが、10フレットにポジション・マークがあるため、50年代製である可能性が高そう(当時の日本製は、なぜか10フレットにポジション・マークがあるものが多かった)。

50年代のグヤトーンは輸出が中心で、輸入楽器商ごとにヘッド形状やパーツの仕様変更があったため、無数のバリエーションが存在する。先に述べた路線変更についても、輸出先の意向が多分に影響していたのかもしれない。いずれにせよ、いろいろな妄想をかき立てられる1本である。

ジェイ・モーリア LG40/1950年代後半製

フロント・ピックアップ下のミニ・スイッチは、各ピックアップのオン/オフ切り替え。

コントロールはいたってシンプル。左からリアのトーン&ボリューム、フロントのトーン&ボリュームとなる。

特徴的な外観のピックアップ。このタイプのカバーはグヤトーン製の中でも、あまり見かけることがないだろう。もっこりとした温かみのあるサウンドで、見た目以上にジャジィ。フロントのキャラクターが強いのか、リア&フロントのミックス時でも薄い膜がかかったようなこもった雰囲気があった。

セットネックにもかかわらず、なぜかネック・プレート的なものが装着されている。おそらくデタッチャブル・ネックのモデルを写真で見て、ここにプレートを付けてみたのだろう。勘違いから生まれた仕様も“ビザールあるある”のひとつ。

BROADWAY LG40
このブロードウェイもイギリス輸出用のブランドだ。コントロール類が微妙に異なり、2ボリューム、ワン・トーンというジャズ・ベースのような構成だ。ストリング・ガイドも追加されている。よく見ると、ホーン側ストラップ・ピンがすさまじい位置に……。6弦側のホーンにも穴が空いていたため、以前の持ち主がやったものだろうか(レフティで使ってた?)。

本記事はギター・マガジン2016年9月号『弾きたいビザール』に掲載された記事を再編集したものです。本誌では、哀愁たっぷりのシェイプを持つ愛しいギターをこれでもかと紹介。好事家のプロ・ギタリストたちが持つビザール・ギターも掲載しています。