DEPAPEPE『CHAOSMOLOGY』インタビュー DEPAPEPE『CHAOSMOLOGY』インタビュー

DEPAPEPE
『CHAOSMOLOGY』インタビュー

結成15周年を迎えた9mm Parabellum Bulletのトリビュート作『CHAOSMOLOGY』がリリースされた。菅原卓郎&滝 善充による“キツネツキ”も含めて、9mmと絆の深い全18組が参加。本作に参加したギタリストたちに、カバーした楽曲のポイントや制作を経て改めて感じた“9mmのギターが持つ魅力”についてアンケート形式で答えてもらった。「スタンドバイミー」をアコギ・インストで見事にカバーしたDEPAPEPEの徳岡慶也の三浦拓也ふたりに、アレンジのポイントを聞いていこう。

企画/制作=ギター・マガジン編集部


DEPAPEPE
「スタンドバイミー」

制作で苦労したポイントはどこですか?

徳岡慶也 テンポ設定は悩みましたね。原曲の雰囲気を崩さないテンポでアコギの良さが出るテンポ……これをすごく考えました。

三浦拓也 9mmの楽曲にどういう風にDEPAPEPEらしさを注ぎ込むことができるかを一番に悩みました。リズム・パターンなどは数パターン考えましたね。

原曲を聴いて、9mm Parabellum Bulletのギターの役割はどのようなものだと感じましたか?

徳岡 ギターのフレーズが印象的で美しいので、「スタンドバイミー」にとってかなり重要なポジションだと思います。なおかつ情熱的。かっこいいです。

三浦 サウンドの要になっているので、今回カバーするにあたってなるべく元の旋律を活かしながら自分達らしく演奏したいと思いトライしています。

ギター・パートのコピー/アレンジで気をつけたことは?

徳岡 全然違う感じにするか、原曲の良さに忠実にするか。今回は原曲に結構忠実にアレンジしました。理由は、ギターのフレーズが元から美しいので、この曲にはこの原曲のギターのフレーズは絶対必要だと思ったから。

三浦 原曲の旋律をそのままアコギで弾きました、という印象にならないようにニュアンスは変えながら演奏しています。リズム・パターンは色々試行錯誤しながら今の形になりました。

ギター・パートのコピー/アレンジで難しかった部分は?

徳岡 滝くんはギターがかなり上手いので、原曲のフレーズの良さを残しつつ、自分達が弾けるものにするのに苦労しました(笑)。意外とバンドが入ってからのイントロのフレーズで弾いてみたら早くてフレーズとして歌わすのが難しかったです。

三浦 エレキで弾いているフレーズは音が伸びるので、そのニュアンスをアコギでどういう風にアレンジするかを悩みながら演奏しました。

カバーVer.に残した「9mmらしさ」と、新たに加えた「自分らしさ」はどういったところに出ていますか?

徳岡 原曲のメロディの美しさ、テンポ感、ギターのフレーズのかっこよさを残すようにしました。それをふまえて、少しハモリを入れたり、ハーフのとこは開放弦を多めに使ってアコギらしさを出しています。歌のメロディを極力変えず、原曲をいかに生かしながらDEPAPEPEの世界に引き込むか、スライドやハンマリングを多用しながら弾きました。

三浦 9mmらしさは、楽曲のメロディ、フレーズにふんだんに入っているので、リズムのアコギのサウンド面でDEPAPEPEらしさを出したつもりです。

サウンド・メイクはどのような点に気をつけて行ないましたか?

徳岡 アコギ2本とパーカッションというシンプルな編成なのですが、小さい世界観にならないサウンドメイクに仕上げつつも、小編成ならではの空気感も伝わるような音づくりにしました。

三浦 DEPAPEPEらしさを感じてもらえる様に、アコギのフレーズやバッキング、音の重ね方は気をつけて作っていきました。

今回のレコーディングで使った機材を教えて下さい。

徳岡 Martin GPCPA3。

三浦 YAMAHA LJ66 – custom Dinosaur Special。

実際にプレイしてみて感じた、菅原さん&滝さんのギター・プレイの特徴や魅力、すごさというのはどういった部分ですか?

徳岡 やっぱり9mmはギターかっこいい!! リードギターとしての滝くんはもちろん、卓郎くんのギターも。あと滝くんがあのパフォーマンスをしながらあのギターを弾いているのが信じられないです。

三浦 9mmのバンド・サウンド、一聴してわかる音色とフレーズがある所が魅力だと思います。あとは、楽曲のカッコ良さ。ギター・プレイヤーとして大好きな曲がいっぱいあります。

菅原さん&滝さんにメッセージをお願いします。

徳岡 卓郎くん、滝くん、ごぶさたしております(笑)。また一緒にライブできる日が早くくることを願ってます! 9mm(or キツネツキ) VS DEPAPEPEでツアーまわりたいです(笑)。

三浦 ぜひまた一緒にLiveをやりましょう!! 今回はDEPAPEPEらしくアコギを弾きましたが、ぜひ次回はエレキで一緒に演奏したいです!!

本記事読者のギタリストたちへ、今回の楽曲の聴きどころを教えて下さい。

徳岡 是非原曲と聴き比べてみて下さい。9mmの良さに改めて気づいたり、色んな発見があると思います!!

三浦 ギターDUOのスタイルで演奏できるアレンジになっていますので、ぜひ皆さんにもアコギで楽しく弾いてもらえれば嬉しいです。

>『CHAOSMOLOGY』参加ギタリストの言葉から探る、“9mm Parabellum Bulletとギター”|記事一覧

DEPAPEPE

2020年でメジャー・デビュー15周年を迎えた、徳岡慶也と三浦拓也によるアコギ・インスト・デュオ。ふたりが奏でる、口ずさめるほどキャッチーなメロディは、アコギ・インストをポップ・フィールドに押し上げた。最新作『Seek』が好評発売中。

公式HP>
DEPAPEPE Twitter>
徳岡慶也 Twitter>
三浦拓也 Twitter>
公式YouTubeチャンネル>

最新作
『Seek』

ソニー/SECL-2565/2020年6月3日リリース

作品データ

CHAOSMOLOGY』 V.A.

コロムビア/COCP-41241〜2/2020年9月9日リリース

―Track List―

【Disc1】
01. UNISON SQUARE GARDEN 「Vampiregirl」
02. BLUE ENCOUNT 「Supernova」
03. BiSH 「Discommunication」
04. THE BACK HORN 「キャンドルの灯を」
05. FLOWER FLOWER 「名もなきヒーロー」
06. a flood of circle 「Black Market Blues」
07. cinema staff 「Talking Machine」
08. チャラン・ポ・ランタン 「ハートに火をつけて」
09. ストレイテナー 「カモメ」

【Disc2(instrumental)】
01. SPECIAL OTHERS 「Wanderland」
02. fox capture plan 「ガラスの街のアリス」
03. mudy on the 昨晩 「Punishment」
04. LITE 「次の駅まで」
05. DEPAPEPE 「スタンドバイミー」
06. Ryu Matsuyama 「The World」
07. アルカラ 「Living Dying Message」
08. キツネツキfeat.タブゾンビ(SOIL&“PIMP”SESSIONS)&栗原健 「黒い森の旅人」
09. →Pia-no-jaC← 「ハートに火をつけて」

9mm Parabellum Bullet
『CHAOSMOLOGY』特設サイト

https://columbia.jp/9mm/