Interview|ミヤ(MUCC)配信ライヴならではの音作りとは? Interview|ミヤ(MUCC)配信ライヴならではの音作りとは?

Interview|ミヤ(MUCC)
配信ライヴならではの音作りとは?

MUCCの無観客配信ライヴ「~Fight against COVID-19 #3~『惡-THE BROKEN RESUSCITATION』」が、去る2020年9月20日に開催された。最初のリモート・ライヴも含めると今回で3回目となるオンラインでのライヴだが、サウンド・エンジニアも務めるギタリストのミヤは配信での音質にも一切妥協なし。インターネットを通じてでも理想のサウンドを観客に届けるため、さまざまな試行錯誤を続けてきたという。新時代のライヴ形式で必要な“音の考え方”について、ミヤにたっぷりと語ってもらった。ぜひその姿勢を参考にしてほしい。

取材=福崎敬太 写真=Susie


“空間で鳴っている音”を演出する。

無観客配信ライヴ<~Fight against COVID-19 #3~『惡-THE BROKEN RESUSCITATION』>は、前回の配信ライヴを踏まえた音質面のアップデートを試されたそうですね。

 6月の配信ライヴの時に探り探りだった部分をなるべく良い形にするようにいろいろと挑戦しましたね。演出面もサウンド面も、前回はできなかった部分があったんですけど、今回は前もって準備する時間が前よりはあったので思い描いていたことはできたと思います。もちろん今回やってみて出てきた課題もあるんですけど、前回よりも満足度は上がりましたね。

今回はKemperを使ったライン出力でしたが、前回は?

 前回もすべてライン出力でしたね。ただ、その時は手探りだった部分が確信に変わった部分があって、そこをより突き詰めていったんです。前回放送されたサウンドが悪いわけではないんですけど、実際に会場にいる時くらいの迫力や臨場感に“勝っているな”っていう点をあまり感じなかったんです。同じものにはどうしてもならないけど、別のアプローチとして“これはこれでOKだね”って言えるようなものにしたくて。わかりやすいところで言うと、ギターに配信用のエフェクトをかけてみたり。今回はそういうところを試していきました。

配信用のサウンドにするために使った機材にはどのようなものがあったんですか?

 基本的にはKemper Profilerをメインで使うことは変わらないんですけど、生のライヴ会場だとマイクで音を拾ったり、スピーカーが鳴ったりっていう、空間の響きっていう要素が加わってくるじゃないですか。それも含めてお客さんの耳に届いていて、会場の空気も含めて盛り上がると思うんです。でも、ライン出力だけってなるとクリアになりすぎてしまう。例えばアナログ・レコードを聴いている時になぜ心地良いと感じるかと言うと、ノイズがうしろでなっていったりするのが良かったりする。本当は必要じゃないんだけど、感じちゃっている部分……そういう“悪い要素”をこっちであえてつけていかなくちゃいけないんですよね。

空気感を付与する、ということですよね。

 そうですね。今は本当に音が良くなってどの機材も本当にクリアなので、逆に“汚していく”というか。その“空間で鳴っている音”を演出するうえで、例えばギターにディレイをかけてみたり、うっすらフェイザーをかけてみたり、“気持ち良い”と感じる部分を理解してこっちで演出していく。そういう音響的なアプローチを試行錯誤していった結果が今回の音になっています。

味付けをしないとドライな音になってしまう。

配信ライヴだとお客さんの視聴環境もなかなか想定しづらいですし、ライヴのように最終的な聴こえ方のコントロールが難しいですよね。

 そうですね。最初はライヴでエンジニアがミキシングしたサウンドをお客さんの耳に届けるっていうだけで成立するかと思っていたんですけど、いろいろな配信ライヴを観ていると、やっぱりライヴに行って聴いているバランスとはまったく違う感じで聴こえてしまう。ライヴハウスからそのまま配信しているバンドもいれば、ちょっと変わった形だとiPhoneのマイクだけで配信していたバンドもいて。それはバンドのカラーもあるのでそれぞれ良いんですが、やっぱりライヴのサウンド・ミキシングとはまったく別物だなって感じたんです。

どう違うんでしょう?

 ライヴのサウンドっていうのはよりピュアに届けるっていう目的があって、それを大きな音で良い音で鳴らすっていう手法の演出なんですよね。で、レコーディングはより良い音で、必要に応じて少し加工をして迫力を出していく。味付けはレコーディングのほうが多いんですよ。それで配信ライヴは、レコーディングにちょっと近い感じですよね。例えばドラムにリバーブをかけるとか、演出の部分がすごく重要なんです。そういう味付けをしないとドライな音になってしまう。その辺の演出ができる脳みそを持ってやれている人は、まだそんなにいないと思うんです。

今回の配信ライヴでもさらに改善点が見つかったと言っていましたが、どういった点をアップデートしようと考えていますか?

 かなりマニアックな話になってしまうんですけど、今回は配信先のフォーマットが多かったんですよ。7フォーマットくらいかな? お客さんがその中から選んで、海外からも観れるフォーマットやコメントしながら観られるサイト、音質と映像のきれいさを重視して観れるフォーマットなど、いろいろ分けたんです。今はいろんなところが配信サービスを提供していますけど、そのフォーマットによって音量感やサウンドがけっこう違うんですよ。例えば、自分のパソコンで観ている時に、音量をマックスまで上げても“ちょっと小さいなぁ”って感じたり、逆に音量がデカかったり。例えばYouTubeだとデカくてニコ生だと小さい、みたいなことがあって。どういう環境でも同じサウンド感とバランス感で届けたいのに、フォーマットの問題でそこに差が出てしまう。今回やってみて課題が残ったのにはそういう部分がありましたね。それは、バンドがどうこうっていうよりは、この時代になってから出てきたエンターテインメントの新しい仕事のひとつだなって思っていて。次はそこをより突き詰められたら良いなって思っています。

業界全体を見わたしても、やはり新しいことなので探り探りな部分はありますよね。

 そうなんですよ。音と映像が遅れるとか、今回もフォーマットによってそういうトラブルがあったみたいで。逆にこっちに知識がないので、勉強中です。そこはアーティスト側で何もわかっていない人がほとんどだと思うんですけど、やっぱりわかっていないと損ですよね。

写真=渡邊玲奈(田中聖太郎写真事務所)

やっとみんなの前で演奏できるうれしさがあります。

編集部もライヴの現場にお邪魔しましたが、リハの時点からミヤさんの指揮下でサウンド決めが行なわれていましたね。どういう流れで音決めをしていくんですか?

 エンジニアリングは普段のレコーディングでもマスタリングまで自分でやっていて、ライヴでもマイキングのセレクトなどはエンジニアと一緒に話をしながら決めていったので、今回もそれは変わっていないですね。どういうサウンドを目指して、どういうコンソールを使うかとか、ギターの音も普段のライヴとまったく同じ音ではないので、どういう音作りをするかとか。ドラムやピアノに使っているマイクも普段のライヴとは全然違ったりして。

今回は会場にライヴセットをイチから作ったと思うんですが、音響的な部分で設営面でこだわったポイントはありますか?

 今回はライヴハウスとは違うコンベンション・ホールのような会場だったので、アクリル板をけっこう使いました。あと、配信ライヴなので“生”っていう感触を出したくて、演出も含めて生ピアノを使ったんです。ただ、ピアノをステージに置くってけっこうハードルが高くて、アクリル板をいっぱい使って対応したり。生のドラムが鳴っていると、ピアノのマイキングはなかなか難しかったですね。リハーサル当日までマイクを選んだりして、試行錯誤をくり返していました。

さて、12月には武道館公演「惡-The brightness world」の開催が決定しました。お客さんも入れたライヴで、かつ配信も予定していますが、ミヤさんにとってこのふたつを両立させるというのは、また考えることも増えてくるのでは?

 そうですね。でも逆に、お客さんが目の前にいる分“生”っていう感覚は自然と出せると思うんです。あと、配信をいろいろな環境でやってきたので、そのノウハウも生かせるかなって気がしていますね。ライヴDVDを生でやっているっていう感覚で、その間を取れる感じはしています。

配信を経て進化したMUCCのサウンドを生で体感することもできる、という側面もありそうですね。

 それもありますけど、やっぱり来れない人も少なくないと思うので、配信も100%でやりつつ、生のライヴも100%でできるよう、頑張りたいなと思います。

では最後に、武道館ライヴへの意気込みをひと言お願いします。

 バンド史上、こんなに長い間お客さんの前でライヴをしてこなかったことはないので、“やっとできるな”っていう感覚があるんですよ。しかも、アルバムを出してから一度もお客さんの前でアルバム曲を演奏できていないので、配信ではやっていても全曲はやっていないんです。生のライヴのためにあえて置いておいた曲もあるので、やっとみんなの前で演奏できるうれしさがあります。もちろん、ハーフ・キャパの5,000人で間隔を空けて、お客さんも歓声は出せないっていうちょっと特殊な環境ではあるんですけど、“その場で共有できる”っていう強みはありますし。それに、僕らのお客さんは対応してくれると思うので、僕らは例えば声を出せない代わりに音を出せるグッズを作ってみようとかも企画しています。とにかく、とても楽しみですね。

NEWS [2020/11/25追記]
ライヴハウスからの無観客配信を11/28に開催!

MUCCが無観客配信ライヴ、「FROM THE UNDERGROUND」の開催を発表した。
日時は11月28日(土)19:00〜で、都内某所の地下に位置するライヴハウスからの配信となるそうだ。

21日に開催された「FROM THE MOTHERSHIP」はレコーディング・スタジオからの配信だったが、今回はライヴハウスのため、インタビューで語ってくれた“演出”という面を比較して観るのも一興だろう。

■MUCC無観客配信ライヴ『FROM THE UNDERGROUND』

【日時】11月28日(土) 19:00~
【チケット料金】 ¥3,969(税込)
【配信サイト】
<ZAIKO> 受付期間 2020年11月21日(土)22:00~12月4日(金)20:00
視聴・購入 https://muccofficial.zaiko.io  
<ニコニコ生放送> 受付期間 2020年11月21日(土)22:00~12月4日(金)20:00
視聴・購入  https://live2.nicovideo.jp/watch/lv329087697 

「FROM THE UNDERGROUND」Trailer映像 https://youtu.be/V8Sg55AtHAA 

INFORMATION
今回の配信ライヴが映像作品化決定!!

「~Fight against COVID-19 #3~『惡-THE BROKEN RESUSCITATION』
MUCC

DANGER CRUE/MSHN-088(Blu-ray)、MSHN-089(DVD)/2020年11月25日リリース

―Track List―

01.惡-JUSTICE-
02.CRACK
03.海月
04.アイリス
05.TIMER
06.Friday the 13th
07.カナリア
08.月の夜
09.月の砂丘
10.流星
11.アルファ
12.目眩 feat. 葉月(lynch.)
13.World’s End
14.My WORLD
15.蘭鋳 feat. 葉月(lynch.)
〜encore〜
16.ハイデ
17.TONIGHT

―Guitarist―

ミヤ