Interview | 須藤寿&斉藤祐樹(髭)新作『ZOZQ』で聴かせる浮遊感のあるギター・ワーク Interview | 須藤寿&斉藤祐樹(髭)新作『ZOZQ』で聴かせる浮遊感のあるギター・ワーク

Interview | 須藤寿&斉藤祐樹(髭)
新作『ZOZQ』で聴かせる浮遊感のあるギター・ワーク

結成17年目を迎えたオルタナティブ・ロック・バンドの髭が、約2年ぶりとなる新作『ZOZQ』をリリース。今作ではサポート・ドラマーにMO’SOME TONEBENDERの藤田勇を迎え、パワフルなバンド・サウンドを手に入れた。もちろんギターも聴きどころが満載。気持ちの良いストレートな歪みや、変幻自在なエフェクト、そして浮遊感のあるコード・ワークを巧みに使い、バンドのストレンジな世界観を見事に構築している。須藤寿(vo,g)と斉藤祐樹(g)のふたりに、ギターの話をじっくり聞いていこう。

取材・文=小林弘昂


“いなたさ”がある音楽が好きだし
完成度ではないところに魅力を感じる
──斉藤祐樹

今作『ZOZQ』のレコーディングは今年の3〜4月に行なわれたとのことですが、楽曲の制作はいつから始まったのですか?

須藤 2019年からやっていましたね。実は去年アルバムを出すつもりだったんですよ。でも、みんなに聴かせられる曲がアルバム分そろわなかったから、“焦るのをやめよう”となって、予定していたレコーディングを今年の3〜4月に延期したんです。まさかコロナでこんなことになるとは思わずに。録っている最中に“コロナっていうウイルスがヤバいらしい”みたいになってましたね。

今作の楽曲は須藤さんと斉藤さんのデモをもとにブラッシュアップしたそうですね。デモを作る時はデータのやり取りではなく、ふたりで一緒に?

須藤 そうですね。最初にオレがベーシックなものを作ったら、斉藤君の家に行って、そこでサクッと母体を作りきっちゃうみたいな感じ。直接ふたりで曲作りをするメリットがふたつあるんですけど、まずはメンバーと会うとテンションが上がって、思ってもなかったアイディアが出てくること。もうひとつは、斉藤君の家はめちゃくちゃデカい音を出しても良いこと!

斉藤 平日の夜に普通にシャウトしてる(笑)。飲みながらやってるから、オレも楽しくなっちゃって“大丈夫、大丈夫!”って。

須藤 “本当に大丈夫か!?”って思うんだけど、“まぁ、斉藤君の家だからいっか”って(笑)。23時半とかに斉藤君がアコギを持ち出した時は“それはやめたほうが……”ってオレが言うくらい。

マジですか、良い子はマネしちゃダメです(笑)。

斉藤 5分以内ならいいかなと(笑)。隣の人も、“外で誰かが盛り上がってるんだな”と錯覚するだろって。

須藤 “まさかこんな時間に家でアコギ弾かねぇよな?”っていう(笑)。そういうのもありつつ、ひとりで作業をしていると、迷路に迷い込んでも、迷い込んだことに気づかない時があったりして、結局次の日の朝に“何やってたんだろう?”ってなるんですよ。でも、ふたりだったり、バンドでいると単純にフラットにできるというか、冷静になれるという。

前作はゴリゴリなバンド・サウンドでしたが、今作は浮遊感のあるドリーミーな楽曲が多い印象です。その中でも全曲ギターが土台となっていますが、髭の中でのギターの役割とは?

須藤 そういう楽曲を作ったら、バンドによってはエレクトロニカにいく人たちもいるし、それはそれで全然良いと思うんです。自分たちもシーケンスがおもしろくなった時期があるし。でも、髭はギター・ロックから始まったから、中途半端にそっちに行くよりは、自分たちが始まった場所にいたほうが自由に動けそうだなと思って戻ってきたんですよね。だから斉藤君とデモを作っている時に“今シーケンスっぽい話になってきてるな”と思ったらストップをかける。そっちにいきすぎると、作ってる時はめちゃくちゃ楽しいんですけど、結局ライブでは同期を流して終わりになって、つまんないなって思うことがあったんです。

なるほど。

須藤 それだったら、少しかゆいところに手が届いていなくても良いから、斉藤君は生でギターを弾いて、シーケンスも人力で作れるというか、なるべくドラマーが同期を聴かなくてもいいような楽曲制作を軸にしていこうぜって。やっぱりギターでフレーズを作って、そこにドラムとベースを肉付けするっていうのが、オレたちには合ってるんですよ。

今作でやろうとしていることがストーン・ローゼズっぽいなと感じたんですよ。彼らもアシッド・ハウスを人力でやっていましたし、髭の9月の無観客配信ライブ(LiVE STRM HiGE)の会場や、その時に着ていたTシャツのペイントにもローゼズのオマージュが感じられて。

斉藤 ああいうペイントの手法と、今の髭の音楽ってけっこう似ているところがあって。今はCGですごくカッコ良いデザインをいっぱい作れるけど、手書きでやったほうが抜けるし、そのほうが感動の度合いが高い。音楽を聴いていても、やっぱり“いなたさ”があるものが好きだし、完成度ではないところに魅力を感じることがあるんです。だから髭はメンバーの人間性が出ていたほうが、絶対に自分たちで納得できる曲になるって思ってるんですよ。それこそローゼズみたいにね。彼らもライブによってはめちゃくちゃなことになってるけど(笑)、あれって肉体的なような気がしますし。

須藤 そうだね。今は録音物だけカッコ良いというものには興味がなくなっちゃって、ムラを残した作りにしていて。やっぱり音源を聴いても、ライブを観に行っても、“ムラがスゴいな! ムラあるなぁ〜!”っていう愛嬌みたいなものがあったほうがいい。だって今の時代、完璧に作ることは誰でもできますからね。だからムラっていうか、愛嬌がいかにちゃんと録音できてるかっていうのが、すごい重要だと思うんですよ。

そして今作の大きなトピックが藤田勇(d)さんの参加です。藤田さんに声をかけたキッカケは?

須藤 彼との最初の出会いは、2019年3月の新代田Feverのイベントですね。その日は対バンにART-SCHOOLを呼んでいたんですけど、ちょうどそのタイミングで木下(理樹)君が休養に入って、ART-SCHOOLが当日キャンセルになって、髭のワンマンに切り替えたんです。でも、勇さん、(中尾)憲太郎さん、トディ(戸高賢史)はリハから来てくれていて。“彼らがいる中で何もしないのはもったいないよな”と思ったので、“アンコールで8人でセッションしましょうよ”と提案して、即興で「MR.アメリカ」(『PEANUTS FORVER』収録)をやったんです。勇さんがメインでドラムを叩いたんですけど、その時に“あれっ……これムラじゃね!?”って、恋心のように惹かれるものが(笑)。

(笑)。

須藤 ムラとか愛嬌みたいなものを音から感じたんですよね。それで“アルバムの制作を延長しよう”となった時に、新曲の可能性を見てみたくて、勇さんとはもうリハに入り始めていたんです。で、“これはもう振り切っちゃってもいいかもな”と思って、これまでサポートしてくれていた(佐藤)謙介にはちゃんと話をしました。

次ページで須藤&斉藤のペダルボードも紹介!