Interview|コリー・ウォン世界最高のリズム・ギタリストが理想とするストラトキャスター! Interview|コリー・ウォン世界最高のリズム・ギタリストが理想とするストラトキャスター!

Interview|コリー・ウォン
世界最高のリズム・ギタリストが理想とするストラトキャスター!

日本でも絶大な人気を獲得している世界最高峰のカッティング・マスター=コリー・ウォン。このたび彼のシグネチャー・モデルとして、Cory Wong Stratocasterがフェンダーから発売された。コリーのトレードマークであるHighway One Stratocasterのキャラクターを踏襲しつつ、彼のファンキーなリズム・プレイのキレをよりブーストさせるような改良が多数施されている。“僕が求めたギターそのものだよ”と語るこだわりの1本について、本人にたっぷりと語ってもらった。

質問作成=福崎敬太 翻訳=トミー・モリー 協力=フェンダーミュージック

Fender Cory Wong Stratocaster

この機能ってとても“コリー・ウォン的”だと思うんだよね。

まず、フェンダーからこのオファーがきた時の感想から聞かせてもらえますか?

 完全に夢が実現したと思ったね。僕は子供の時からストラト・ガイだったし、フェンダーからこの楽器のアンバサダーの1人としてオファーをもらって身に余る光栄だった。これは僕にとって本当に大きな出来事だったよ。 

このCory Wong Stratocasterのスペックを読み解いていくと、あなたのHighway One Stratocasterの単なる再現ではないんだとわかります。このギターのコンセプトは?

 まず思ったのは工場から出荷された時点でプロフェッショナルなレベルに完成されたもの、そして“ワンダフルなギター”であることだった。ティーンエイジャーの頃からストラトキャスターが好きだったけど何箇所か変えたいと思っていたポイントがあって、これらを今回このギターで変更したんだ。様々な意味でこのギターはAmerican Ultra Stratocasterに似たようなところがあるけど、それでいてHighway Oneからいくつかのキャラクターを引き継いでいるよ。僕が使ってきたあのギターへのリスペクトを込め、サファイア・ブルー・トランスペアレントのニトロ・サテン・フィニッシュ、ホワイト・パーロイド・ピックガードといった点を踏襲している。すべてのスペックについて僕が求めたとおりのものになったね。

あなたが“Panic Button”と呼ぶトーンのプッシュ・ボタンはユニークですね。改めてこの機能について説明してもらえますか?

 プッシュ/プッシュ式のノブで、これによってセレクターがどのポジションにあってもノブが持ち上がっている時は4thポジション(フロントとミドルのハーフトーン)の状態になる。もちろんノブが下がっている時は通常のセレクターの操作が可能だよ。

これはカッティングの名手であるあなたならではの発想だと思います。このアイディアはどのように生まれたのかと、オススメの使い方を教えて下さい。

 この機能を求めた背景には2つの理由があるんだ。1つ目はあまり実用的ではない僕のかなりわがままな理由によるものでね。僕のサウンドの大きなポイントになっているストロークは、ワイドにスワイプするようなスタイルなんだけど、そうするとピックアップ・セレクターを触ってしまいがちで、意図せずポジションが変わってしまう。ここ何年もどうやったらその問題が解決できるのかわからなくて、“じゃあこの場所にPanic Buttonってものを増設できないか?”と相談したんだ。もう1つの理由としては、シグネチャー・ギターだから僕だけのユニークな特徴を持たせたかった。この機能ってとても“コリー・ウォン的”だと思うんだよね。オススメの使い方は……ギターそのものとしても素晴らしい楽器だから、これを使ってプレイヤーが独自のことをしてくれたら嬉しいかな。

搭載されているセイモア・ダンカンのシグネチャー・ピックアップは、開発に2年かかったそうですが、どのような試行錯誤があったのでしょうか?

 セイモア・ダンカンとは本当にいくつものピックアップをトライしてきたよ。AntiquityのSurfer Strat Setをベースにしたものにしたいと思っていた。このピックアップのセットを僕は気に入っていて、もう何年も使い続けてきた。大抵のピックアップはある程度レベルをプッシュして少しオーバードライブが掛かるくらいが丁度良いんだけど、それってハイエンドが少し不安定な状態になってしまいがちでもあるんだよね。もちろんこれは悪いことじゃなくて、そういう設計だからっていうこともあるだろう。でもAntiquityのSurfer Strat Setにはクラシックかつクリーミーな丸みを帯びたストラトらしいクリーントーンもあって、オーバードライブを加えた時にもクリーンと同じだけ安定したサウンドが得られるんだ。このピックアップの素晴らしいところはパーフェクトなクリーン・サウンドにあって、アルニコ3やアルニコ5もトライしたけど、最後にはアルニコ4に少しだけホットになるようにコイルを巻いたものが気に入ったんだ。

リアだけ“Sack Plus”を搭載していますよね?

 本当に最後の段階でブリッジ・ピックアップに少し厚めのサウンドが欲しいということになり、スタック・ハムバッカーにさせてサウンドを均一にさせたんだ。だから、シングルコイルと同じトーンが得られるのだけど、少しだけ厚みがあって太いサウンドとなって、ほかのピックアップとのバランスが取れているんだよ。

ピックアップはセイモア・ダンカンのCory Wong Clean Machine(フロント&ミドル)と同Stack Plus(リア)を搭載。

ストリング・ガイドを追加したのは本当に最後での変更ポイントなんだ。

あなたの正確な押弦&ミュートが必要な“リード・リズム”プレイには、ネック形状や指板ラジアスも重要な要素になってくると思います。モダンDシェイプとフラットなコンパウンド・ラジアス仕様の強みはどのようなところでしょうか?

 ネックのシェイプについて話すと、このギターはとても速くプレイできるものとなっている。どのポジションでプレイしても、ネックの裏側に添えた左手はとても快適なんだ。ネックは少しだけ薄めになっていて、 手首が少し上や下に向いたとしても、指が指板上のどのポジションに対してもアクセスしやすくなる。ほかのシェイプのネックでプレイするよりも、僕の指は速く動けるようになっている気がするね。そして、大きなラジアスの指板によって、どこでプレイしても安定したチューニングや正確なイントネーションが得られている。コンパウンド・ラジアスじゃないものと比べてみたところ、かなり正確なピッチでプレイできていることが自分でもわかったよ。そもそもギターって正確なピッチでプレイするのが難しい楽器でもあって、コンパウンド・ラジアスはそれを可能とさせてくれる素晴らしいスペックなんだ。

ちなみに“Cory and The Wongnotes”で使っているギターは本モデルのプロトタイプですか?

 このモデルの最終的なプロトタイプになるね。それは100%確実に言えることだよ。

“Cory and The Wongnotes”で使っているものはストリング・ガイドが1個ですが、本モデルとあなたのHighway Oneは2個です。ここにこだわりはあるのでしょうか?

 あぁ…、そこがあるからさっきの質問の答えは“最終的なプロトタイプではなかった”ということになるね(笑)。そう、このストリング・ガイドを追加したのは本当に最後での変更ポイントなんだ。これがあることによってほんの少しだけナットにかかる弦のテンションが変わるんだ。僕は常にストリングガイドが2つの状態が好きだったからね。こっちのほうが弦をよりしっかりと固定してくれる気がするんだよ。