Interview|J・マスキス(ダイナソーJr.)リイシューもされた相棒=58年製テレキャスターを語る! Interview|J・マスキス(ダイナソーJr.)リイシューもされた相棒=58年製テレキャスターを語る!

Interview|J・マスキス(ダイナソーJr.)
リイシューもされた相棒=58年製テレキャスターを語る!

オルタナティブ・ロック・シーンを代表するバンド、ダイナソーJr.。そのフロントマンであるJ・マスキスが90年代からレコーディングで愛用している58年製のテレキャスターが、このたびフェンダーからシグネチャー・モデル“J Mascis Telecasterとして発売されることに。今回特別に、J本人からシグネチャー・テレキャスターのこだわりを聞くことができた。

質問作成・文=小林弘昂 翻訳=トミー・モリー 協力=フェンダーミュージック

Fender / J Mascis Telecaster

リード・ギターのほとんどが
58年製テレキャスターによるものだ。

これまでのインタビューで“レコーディングの時はリードで1958年製のテレキャスターを使った”と何度も話していましたが、まさかブルー・スパークル・カラーだとは思いませんでした。

 これはオレが初めて手に入れたテレキャスターで、常にプレイしてきたものでね。オレが手に入れた時点ですでにリフィニッシュされていたから、何のためらいもなく90年代に現在の色にリフィニッシュしたんだ。

購入した時点でリフィニッシュされていたとのことですが、その時はどんなカラーだったのですか?

 最初は黄色っぽいブロンドにリフィニッシュされた状態だったね。今のブルー・スパークルはバイクなんかのペイントをしている人に頼んでやってもらったんだ。こういった作業って、クリアを吹いてからしばらく時間を挟んでバフがけするものだろう? スパークルをカバーするのに十分な量のクリアコートを得るため、その作業を何度もくり返してくれたから、6ヵ月ぐらいかかったんだ。

以前発売されたあなたのシグネチャー・ジャズマスターもパープル・スパークル・フィニッシュでしたよね。スパークル・フィニッシュの魅力とは? 

 それはドラムからきていると思うんだ。ドラムを始めた頃のオレは、ブルー・スパークルが好きだったんだよね。このテレキャスターは最初、ボディの前面だけをグレッチのドラムみたいなブルー・スパークルに塗ったんだ。あのドラムの色がずっと好きでね。そして何年か後に全体を塗ったというわけさ。

鏡面のクローム・ピックガードもあなたが交換したのですか? 

 そう。これはオレが購入してから取り付けたんだ。プラスチックだけどミラーっぽいものだね。ボディのスパークルと組み合わせるなら、グッドなルックスだと思ったんだ。これ以外のグレイトなルックスのピックガードは考えられなかったんだよ。

58年製は『Where You Been』(1993年)のレコーディングでも使用したそうですね。最初に使ったのはいつ頃?

 最初に使ったのは、オレにとって2回目のプロデュースとなったバッファロー・トムと仕事をした時だったと思う(『Birdbrain』/1990年)。スタジオにこのギターが置いてあって、手に取って弾いてみたらとても気に入って、好きになってしまった。それで所有者に“売ってくれないか?”と頼んだんだが、“それはちょっと無理な相談だ”と断られちゃってさ。でも、その数ヵ月後に電話をもらって、譲ってもらえることになったんだ。

ちなみにおいくらで……?

 たしか1,400ドルだったね。

それは破格ですね(笑)。今回あなたの代名詞であるジャズマスターではなく、テレキャスターを製作することにしたのはなぜでしょう?

 オレがこのテレキャスターについて、ことあるごとに方々で口にしてきたからっていうのがあるね。“レコーディングで常に弾いている、あのテレキャスターを作ってみないか?”と言われたんだ。そしてオレは“イエス!”と答えたってわけさ。

あなたはこれまでにSquire製のシンラインをライブで使用していましたし、最近ではカスタムショップ製のパープル・スパークルのシンラインも手に取っていますよね。テレキャスター・タイプの好きなところは? 

 ジャズマスターとは異なるプレイをさせてくれるギターだ。サウンドもちょっと異なっているし、テレキャスターのほうが上手くいく曲っていうのもあるんだよ。トレモロ・アームが付いていないっていうのも大きくて、それによってジャズマスターとは別のフレーズを弾くようになるんだ。

4曲目の「I Ran Away」でカスタムショップ製のシンラインを使用している。

トレモロ・ユニットが付いていないことで、無意識に右手がアームを探してしまうことはありますか?

 それはないかな。テレキャスターを持つ時は、この灰皿みたいなブリッジ・プレートに手を固定している。掴みながら弾く感じが基本のスタイルなんだ。

テレキャスターにブライトでトゥワンギーなトーンを求める人もいますが、あなたはどのようなサウンドを求めているのでしょう?

 オレはトゥワンギーとまではいかないかな。テレキャスターを選ぶ時は、ロックンロールやヘヴィなトーンを求めることが多いんだ。「Start Choppin’」のイントロみたいなファンキーなトーンが欲しい時も多いかな。

レコーディングで、ベーシックではレス・ポール・ジュニアやSGジュニアを使い、リードではテレキャスターという組み合わせが多いですよね。 

 最近の楽曲だと、「I Walk For Miles」のようなストーナー・ロックっぽいサウンドが欲しい時にテレキャスターがバッチリだと思うんだ。自分でもなぜだかわからないけど、そういうトーンを出したい時はギブソンではなくテレキャスターで挑むことになるんだよね。

新作『Sweep It Into Space』でも使用していますよね。58年製でレコーディングした楽曲の中で、最も思い入れのあるものは? 

 さっきも話した「Start Choppin’」のイントロとリード・ギター。「Get Me」のリズム・ギター。そして「Feel The Pain」のリズムとリード。これらはまさしくテレキャスターっていう感じのサウンドだ。「Almost Ready」なんかもそうだね。リード・ギターのほとんどが58年製によるものだ。

>シグネチャー・テレキャスターのこだわりは次ページで!