Interview | フジイケンジ(The Birthday)【後編】『サンバースト』の音作りについて Interview | フジイケンジ(The Birthday)【後編】『サンバースト』の音作りについて

Interview | フジイケンジ(The Birthday)【後編】
『サンバースト』の音作りについて

インタビュー前半では、フジイケンジに新作『サンバースト』の制作について話してもらったが、後編では使用機材やサウンドメイクについて言及。また、渡辺美里のサポート現場での機材についても語ってくれた。

取材・文=小林弘昂 人物写真=星野俊


チバ君がフロント・ピックアップで弾いてるんですよ。
なのでリアやセンターも使って棲み分けをしています。

最近はよく機材を入れ替えていますよね。例えばTHE BARRETT時代のメイン・ギターだったGrecoのTLタイプを再び使っているようですが。

 実はネックを替えたんですよ。72年製のシンラインのネックが1本余ってたから、付けてみようかなと思って。

ええ(笑)! やっぱりネックを付け替えたら音は全然変わりますか?

 うん。やっと使う気になりましたね。いつもはジャズマスターのフロント・ピックアップを使ってるんですけど、ちょっと野暮ったいというか、モッサリしてるんですよ。レコーディングだと“もうちょっとエッジがあってもいいかな”と思って、試しにGrecoをセンター・ピックアップで使ってみたら抜けの良い音だったので、「ヒマワリ」と「オルゴール」のレコーディングでも使いました。

そうだったんですね。

 あと最近は、チバ君がグレッチをフロント・ピックアップで弾いてるんですよ。今回の楽曲が全部そうかはわからないけど、わりと太マジックでグワーッと書いたような音を作るので、僕もフロントだとバランス的にトゥーマッチになる時もあるから、リアやセンターも使って棲み分けをしています。

今作は1曲1曲ギター・サウンドがけっこう変わっていて、色々試したのかなと思いました。レコーディングで使ったギターは?

 「ラドロックのキャデラックさ」は67年製のES-355TDSVで、「月光」と「アンチェイン」は56年製のデュオ・ジェット。あとは61年製ジャズマスターですね。

フジケンさんはジャズマスターを複数本持っていますが、なぜ今回61年製を?

 一番音が太いのはメインで使っているサンバーストの59年製なんですけど、61年製のほうがエッジがあるからかなぁ。あ、それと72年製の54年リイシュー・レス・ポール・カスタムも使いました。1曲目の「12月2日」で弾いたかな。

「12月2日」はかなりヘヴィなサウンドになりましたね。

 うん。あの音はフロント・ピックアップ(アルニコⅤ)ですね。

「スイセンカ」ではCoralのScorpion 2N12を使ったそうですね。The Birthdayで12弦ギターが登場したのは初めてですか?

 初めてです。いや〜、難しかった(笑)。以前、斉藤和義さんのツアーに参加した時に1曲だけ12弦を弾く曲があって別の12弦ギターを使いましたけど、チョーキングもできないし、やっぱり難しいですね。

昨年のツアーでは、アンプをマーシャルLead & Bass 50 ComboとマーシャルSuper Bassの組み合わせに戻していましたよね。

 メインはLead & Bassなんですけど、レコーディングではフェンダーのBand-MasterとSuper Bassも置いていて、曲によってどっちかをLead & Bassと組み合わせていくっていう感じでしたね。Super Bassは安定したロー感が出るんです。軽い音にしたくないので、あれを使えば一応安心なんですよ。ライブではステージ上でローがうるさいので、もう使わなくなっちゃったんですけど。

レコーディングでは常に2台のアンプをミックスしているんですね。いつもライブで使っているMusic Manの112 RD One Hundredは?

 レコーディングでは使ってないです。あれはライブ用っていうかね。なかなか壊れないから良いんですよ。雑に使える(笑)。

真空管とソリッドステートのハイブリット構造ですもんね(笑)。それとフジケンさんのInstagramを見ていると、最近はブラックフェイスのDeluxe Reverbも使ってるみたいですが。

 あれはちょっと前に買ったやつですね。最近のレコーディングではデラリバを使っています。

ビンテージのフェンダー・アンプの歪み感はどうですか?

 うーん、ちょっとマットな感じというかね。額縁に収まってくれる感じが好きなんですけど、“それだけだとどうもなぁ”っていうのもありつつ……。

>音作りやサポート現場での使用機材については次ページで