特集:若きブルースの巨人クリストーン・“キングフィッシュ”・イングラム 特集:若きブルースの巨人クリストーン・“キングフィッシュ”・イングラム

特集:若きブルースの巨人
クリストーン・“キングフィッシュ”・イングラム

ブルース界の超新星として19歳でデビューしたクリストーン・“キングフィッシュ”・イングラム。以来、様々なクラブやフェスでの演奏をこなし、巨大な体全体を揺らすような力強い歌声、圧倒的なギター・テクニックと表現力に磨きをかけていった。そのさらなる成長を記録した2nd作『662』は、トラディショナルな空気感を纏いながらも、多彩なコード・プログレッションや現代的なソロ・アプローチが聴ける、まさに“2021年のブルース”と言える1枚だ。そして、ギタマガにはインタビュー初登場! 本特集では、彼の基本的なプロフィールから、最新作でのアプローチ、そのプレイスタイルの真髄まで紐解いていこう。

Photo by Earl Gibson III/Getty Images

Contents

Interview|クリストーン・“キングフィッシュ”・イングラムブルースの伝統と未来を感じさせる最新作『662』

Interview|クリストーン・“キングフィッシュ”・イングラム
ブルースの伝統と未来を感じさせる最新作『662』

出身地ミシシッピ州北部の電話市外局番を冠した最新作『662』。現在進行形のブルースを表現したこの作品でのギター・プレイについて、話を聞いていこう。

Playing Analysis|『662』クリストーン・“キングフィッシュ”・イングラムの温故知新プレイ

Playing Analysis|『662』
クリストーン・“キングフィッシュ”・イングラムの温故知新プレイ

トラディショナルなブルース・スタイルを継承しつつ、音楽理論を持ち込み自身のスタイルを確立したキングフィッシュ。その真髄に参考譜例とともに迫っていこう。