特集:ジュリアン・レイジ ジャズ・ギターの美しさを知る男 特集:ジュリアン・レイジ ジャズ・ギターの美しさを知る男

特集:ジュリアン・レイジ 
ジャズ・ギターの美しさを知る男

ジュリアン・レイジが名門ブルーノートから最新アルバム『Squint』をリリースした。トリオでの演奏は空間まで計算され、ギターのアプローチは美しくしなやか。いまやジャズ・ギター界を牽引する存在となったジュリアンの魅力を、今回は改めて深掘りしていきたい。ギター・マガジン2021年8月号に掲載した本人インタビューを軸に、様々な角度から迫っていこう。そしてなんと! 音楽ライター石沢功治氏が2005年の初来日時に行なった、秘蔵のスペシャル・インタビューも公開予定!

Photo by Alysse Gafkjen

Contents

2005年の初来日時インタビューを公開!17歳のジュリアン・レイジの貴重な証言

2005年の初来日時インタビューを公開!
17歳のジュリアン・レイジの貴重な証言

ジュリアン・レイジの初来日は2005年、当時17歳。ゲイリー・バートンの『Next Generations』のツアー・メンバーとしてだった。その時の貴重なインタビューを独占公開!!