イカサマイマサ『ファミリー・アフェア』 イカサマイマサ『ファミリー・アフェア』

イカサマイマサ
『ファミリー・アフェア』

「2週間ごとに1回で364日、1年間やりましょう、26回ですかね」と言われ始めたこのコラム、気がつけば今回で30回。道草、寄り道だらけの駄文、どこへ向かっているのかが編集担当氏にも予測がつかないからなのか、付き合ってくれる読者がいるおかげなのか、「年度末で切りもいいし、3月31日まで延長しましょうか」と伝えられた昨年暮れ。自分はこれまでどおり、思いつくままの感じで書いていくので、今回を入れて残り5回だけど、変わらぬ御贔屓をよろしくね。

過日ソロ・アルバムのリリース絡みで新聞取材を受けた。記者さんが父親のことを知っていたようで、インタビュー中に「哲学というお固いイメージの方の息子さんというのが、なにか御自身の創作姿勢に影響していると思われますか」と訊かれ、ちょっとたじろいでしまった。ある若手バンドのデカ箱での初ワンマンを、その取材の少し前に観に行ったのだけど、MCで「今日はお父さんも観に来てるんだ。このくらいのキャパにならないと、やっぱ親呼べないじゃん?」と言うのを聞いて、驚きながらも“なんか偉いなぁ”と思ったばかりだったから。

亡くなっているというのもあるかもだけど、自分は曲づくりや演奏中に身内のことを想ったことなどないし、ライブに親を招待とかも一度も考えたことなかった。冷たい奴と言われそう?

「わたしは給金を貰う手段で大学教授をしているが本当は哲学者なのだ。『お父さんは何をなさっているのですか』、と訊かれたら『父は哲人です』と答えるんだぞ」と小学生の自分に向かって言い放つような男だったので、根っこはお固いどころか、だいぶ自由な人だったのだと思う。「鉄人28号?」と返した瞬間、容赦なく往復ビンタを喰らったけれど、それが普通だった時代だし、「普通の父親だったと思いますよ」と答えたけれど、記者さんは納得いかないって顔をしていたっけ。

なるべく触れないようにしてきたけれど、初回の2021年1月から現在に至るまで、コロナの影響を被っていない人はいないだろうし、ないことにもできないし、ちょっとだけソレっぽい話を。

4、5歳の頃、風邪をこじらせ肺炎かなにかに罹り、1ヵ月近い入院生活を送った。幸い、以降は入院知らずで現在まで来てるけど、4、5歳にとっての1ヵ月は大人にとってのそれの何倍も長いから退屈で嫌だったな。事の始まりは、甘いモノに目がなかったオコチャマ期の自分が、おやつを前にして「甘いものを食べるとトーニョービョウになる、もういい」と食べ残したんだそうな。

“絶対おかしい”と感じた父が「どうした? もう要らんのか」と訊くと「おいしくない、味がしない」と言い失神したらしい。気がつくと布団に寝かされていたのだけど、高熱でトリップしてたんだろう、不安げに覗き込む父に向かっての第一声は「あんただれ?」だったそうだ。

後年「あの時はな、こいつは終わった、馬鹿になってしまった。入院させねば、と思って医者に電話したんだ」と笑っていたが、考える順番が、ちょっとだけおかしくないか? やっぱり普通ではなかったのかも。いや、俺は普通よ? 

❇︎  ❇︎  ❇︎   ❇︎  ❇︎

コロナがそうとか、そうじゃない、とかはこの際おいといて、“風邪は万病の元”って言われてるからね。楽しく音を響かせ続けるためにも、楽しく音を享受し続けるためにも、過敏になりすぎない程度に“健やかキープ”に心がけなくちゃ。

「風邪ひくなよ、歯磨けよ」。

では、また!

いまみちともたか

Profile

いまみちともたか

いまみちともたか◎1959年生まれ。BARBEE BOYSのギタリストとして1984年にデビュー後、佐野元春や井上陽水のレコーディングに参加するなど、多方面で活躍。ほかにも、椎名純平らとのヒトサライ、自身がホストとなってゲストを迎えるスタジオ・ライブ・シリーズ=“カメを止めるな”を主催するなど、精力的に活動中。18年ぶりのソロ・アルバム『Uta-Mono』が、2022年2月16日にリリース。

公式HP>
Twitter>
Facebook>
Instagram>
YouTube>

作品データ

『Uta-MONO Tomotaka IMASA Imamichi』
いまみちともたか

D.SKH-E/DSKH-2106/2022年2月16日リリース

―Track List―

01. ブリキのギターに愛を込めて-Tin man’s Ax-
02. SPICY-月下絶頂美人-
03. The 80’s-エイティーズ-
04. -AREEGATO- あり~がとう
05. J@B T@LK
06. パレードは中止 -lockdown parade-
07. 夢遊 -dream play-
08. カリスマ-Charisma-
09. 嘘のようなマジな話 -Truth lies here-
10. ぼくらのバックナンバー -centerfold mystery-
11. All Okay
12. 「うまくやれ」-Reboot-
13. How Do You Do?

―Guitarist―

いまみちともたか