フレット数の書かれていないコード・ブック 初心者集まれ! 指板図くんのギター・コード講座 第15回 フレット数の書かれていないコード・ブック 初心者集まれ! 指板図くんのギター・コード講座 第15回

フレット数の書かれていないコード・ブック 
初心者集まれ! 指板図くんのギター・コード講座 第15回

本講座をここまでお読みいただいた方に、「コード・タイプ別フォーム一覧」……別名「フレット数の書かれていないコード・ブック」をお届けします。

文・図版作成=ギター・マガジン編集部

前々回前回とで、コードの押さえ方を平行移動で覚える方法を説明しました。例として示したのは三和音(トライアド)のみでしたが、これと同じ要領で、四和音やテンション・コードなどのフォームとポジションも楽に知ることができます。

そこで今回は、色々なコードのフォーム(のみ)を示した「コード・タイプ別フォーム一覧」を掲載します。通常のコード・ブックとは違ってフレット数は書かれていませんが、次の凡例を参考にしつつ、ご利用下さい。

凡例

まずギターの各弦における音の配置は次のとおりです。コードのルート音になることが多い6弦、5弦、4弦はピンク色にしました。

この図を元にして、例えば「Dm7」というコードの押さえ方を知りたい時は、以下の①〜③の手順で見つけることができます

①「Dm7」のルートであるD音(レ)が6弦・5弦・4弦の何フレットにあるかを確認します。6弦10フレット、5弦5フレット、4弦開放にD音があります。

②次に、このページにある「コードタイプ別フォーム一覧」から「□m7」を探します。次の図がそれです。’□’は、ここにルートの音名が入ることを意味しています。

③「□m7」の欄に書かれたフォームのうちのいずれかを選び、ルート(ピンク色の二重丸で示されている音)がD音(レ)になるポジションで押さえます。次の図はフレットが重複しないフォームを3つ選んだものです。

以上の手順で、たいていのコードのフォームは作れるようになります。

コード・タイプ別フォーム一覧

ではコード・タイプ別のフォームの一覧を、三和音、四和音、テンション・コード、その他、の順で示しましょう。

三和音

※三和音のdimはあまり実用的ではないため、ここでは省略しました。通常「dim」と書かれるコードの押さえ方を知りたい方は、四和音の「dim7」をご覧下さい。

四和音

テンション・コード

その他

「コード・タイプ別フォーム一覧」は以上で終わりです。ここで示したものは、いわば「フレット数の書かれていない非常に不親切なコード・ブック」なので、ギターのコードについての知識がない人がこれをいきなり見ても、一体何の役に立つのかわからないと思います。もし、頭の中が「?」でいっぱいになってしまった方は、できれば本講座の第1回目から読んでみて下さい。また時間がない場合は、前々回前回だけでもお読み下さい。

また本講座をここまでお読みいただいた方々にも、今回の内容にはちょっと説明不足の部分がありましたので、次回はその補足をします。

<前ページへ | 次ページへ>

本講座の関連コンテンツ

かんたんコードブック

コード名を選ぶと複数の指板図が表示されて、音も鳴らせる便利なWEBアプリ。コードの構成音や指番号も表示されるので、初心者には特にお薦めです。

https://guitarmagazine.jp/simplechordbook/

*本アプリはPC推奨です。

作ろう! マイコードブック

自分独自の指板図やコードチャートを自由に作れる多機能なWEBアプリ。音声機能、自動演奏機能、印刷機能、画像化機能も備え、ギター・コードの学習から、作曲、DTMまで、幅広い用途で役立ちます。

https://guitarmagazine.jp/mychordbook/

*本アプリはPC推奨です。

初心者だって大丈夫! コードが自分で作れちゃう! 指板図くんのギター・コード講座

本講座を書籍化した本です。オールカラーで144ページ。電子書籍もあります。

【CONTENTS】
◎コードとは?コード進行とは? 
◎Cの構成音と、いろいろな押さえ方 
◎C6、C7、C△7の構成音と、いろいろな押さえ方 
◎Cメジャー・スケールを覚えよう 
◎ルートとは?度とは? 
◎コードの構成音一覧 
◎三和音とは? 
◎四和音とは? 
◎テンション・コードとは? 
◎omit3とは?add9とは?sus4とは? 
◎分数コードとは? 
◎続・分数コードとは? 
◎コードは平行移動で覚えよう 
◎続・コードは平行移動で覚えよう 
◎フレット数の書かれていないコード・ブック 
◎続・フレット数の書かれていないコード・ブック 
◎コード・フォームを自分で作る 
◎続・コード・フォームを自分で作る 
◎自分独自のコード・フォームを作る 
◇巻末スペシャル:Fコードの押さえ方と攻略法
◇付録:いろいろ確認できる4つの指板図!