BOSS SD-1活用術牛尾健太(おとぎ話) BOSS SD-1活用術牛尾健太(おとぎ話)

BOSS SD-1活用術
牛尾健太(おとぎ話)

取材・文=ギター・マガジン編集部 機材写真=星野俊 デザイン・図版=猪野麻梨奈

BOSS SD-1といえば、スムーズでマイルドな歪み、高域と低域が適度に抑えられたミッド・レンジの存在感、幅広い対応力に定評がある。本企画の最後を締めくくる牛尾健太の言葉も、またその定評を裏付けるものとなっている。

KENTA’S SETTING

【セッティング解説】DRIVEは基本的に8時くらいだが、曲や用途によって7~10時の間で調整。ギター・ソロのブースターとしてほかの歪みと組み合わせる際はゼロ付近にすることも多いそう。

結局これに帰ってくる、そんなエフェクター

 最初のきっかけは有馬(和樹/おとぎ話のギター&ボーカル)が持っていたSD-1を弾かせてもらったことでしたね。オーバードライブをいろいろ探していた時に一番しっくりきたんですよ。そこから10年以上はずっと使っていますね。レコーディングでもほとんどつないでいるので、おとぎ話の曲はどれもSD-1の音が聴けます。ライブでは曲によってDRIVEを調整していて、「めぐり逢えたら」や「綺麗」ではほぼゼロで使うこともありますね。

 ブースターとして使ってもいいし、クランチだったらメインの歪みとしてもいけるから、僕にとっては万能です。シングルコイルとハムバッカーの両方に合いますしね。僕はSGを使っていますけど、SGって低域がモワッとするんですよ。SD-1はそれをうまく削りつつ中域にまとめてくれるし、コンプ感もいい。とりあえず踏んでおけばなんとかなる、っていう安心感がありますね。

 初めて使う場合は単体で強く歪ませないほうがいいかな。DRIVEを10時以内にして弾いてみるのがオススメです。本当にスタンダードなオーバードライブの音がするから、ぜひ使ってみてほしいですね。ある程度経つと物足りなくなってきて、ほかの歪みに手を出したりすると思うんですけど、結局“やっぱりこれで良いよなあ”って帰ってくる、そんなエフェクターだと思います。

>プロのBOSS SD-1活用術/記事一覧

PROFILE

うしお・けんた●1983年生まれ、広島県出身。2002年にロック・バンド、おとぎ話に加入。ブリティッシュ・ロックから影響を受けたメロディアスなフレーズ・ワークに定評がある。バンドの最新作は『REALIZE』。

LAST RELEASE

『REALIZE』おとぎ話

felicity cap-328/PCD-24951

 本記事は『ギター・マガジン2020年9月号』にも掲載されています。表紙巻頭特集は「シティ・ポップと夏。〜とろける極上ギター・ソロ篇」。ぜひチェックしてみて下さい!