BLUE ENCOUNT『CHAOSMOLOGY』インタビュー BLUE ENCOUNT『CHAOSMOLOGY』インタビュー

BLUE ENCOUNT
『CHAOSMOLOGY』インタビュー

結成15周年を迎えた9mm Parabellum Bulletのトリビュート作『CHAOSMOLOGY』がリリースされた。菅原卓郎&滝 善充による“キツネツキ”も含めて、9mmと絆の深い全18組が参加。本作に参加したギタリストたちに、カバーした楽曲のポイントや制作を経て改めて感じた“9mmのギターが持つ魅力”についてアンケート形式で答えてもらった。BLUE ENCOUNTは 「Supernova」をスピード感満点でカバー。ギターで好演を残した江口雄也と田邊駿一のふたりがこだわったポイントとは?

企画/制作=ギター・マガジン編集部


BLUE ENCOUNT
「Supernova」

制作で苦労したポイントはどこですか?

江口雄也 原曲からテンポをかなり上げてアレンジしたのですが、テーマの部分は元のやつをそのままフレーズとして使ったので、弾くのが大変でした。

田邊駿一 やはりソリッドなギター・リフの演奏ですね。

原曲を聴いて、9mm Parabellum Bulletのギターの役割はどのようなものだと感じましたか?

江口 心臓です。

田邊 鋭角な武器であり、唯一無二のアート。

ギター・パートのコピー/アレンジで気をつけたことは?

江口 1番はほぼ原曲を忠実に再現して、2番からブルエンらしさと9mmらしさを併せ持ったギター・アレンジになるようにしました。

田邊 ブルエンとして持っている熱量をそのままぶつけました。

ギター・パートのコピー/アレンジで難しかった部分は?

江口 (自分なりの)滝さんらしさを出しつつ、自分の色を取り入れるギター・アレンジというのが難しかったです。

田邊 とにかくフレーズが難しいので、ついていくのに必死でした。

カバーVer.に残した「9mmらしさ」と、新たに加えた「自分らしさ」はどういったところに出ていますか?

江口 メロディの歌謡っぽい感じの9mmらしさと2ビートの疾走感はブルエンらしさがあるかなと思います。

田邊 歌は自分らしさを全開で表現しました。勢いよく歌うだけでなく、後ろめにためてみたりと、より熱さを表現してみました。

サウンド・メイクはどのような点に気をつけて行ないましたか?

江口 滝さんと言えばレクチファイアーのイメージがあるので、普段は使わないアンプでレコーディングにのぞみました。

田邊 音的にはなるべく9mm先輩の音に近づくように作りました。

今回のレコーディングで使った機材を教えて下さい。

江口 MESA/BOOGIEのレクチファイアー、メインで使っているGibson ES-335、WEED メタルゾーン。

田邊 ポール・リード・スミス、ディーゼル(ヘッド)、マーシャル(キャビ)。

実際にプレイしてみて感じた、菅原さん&滝さんのギター・プレイの特徴や魅力、すごさというのはどういった部分ですか?

江口 タッチの繊細さがやはりなかなかマネ出来ないなというのを、トリビュートして改めて思いました。

田邊 菅原さんのギター・ボーカルとしての手腕はすごいです。こんなにも複雑なものを弾きつつ歌を歌う。集中力にいつも驚かされます。

菅原さん&滝さんにメッセージをお願いします。

江口 9mmは、ずっと自分にとっての師匠です。これからもよろしくお願いします。

田邊 いつまでもオレのギター・ヒーローです。

本記事読者のギタリストたちへ、今回の楽曲の聴きどころを教えて下さい。

江口 ツイン・ギターで弾いたら気持ち良いので、ぜひコピーしてみて下さい!

田邊 本家の旨味をそのままに、オレらの溢れるままの熱をぶつけました。何も考えずご賞味あれ!

>『CHAOSMOLOGY』参加ギタリストの言葉から探る、“9mm Parabellum Bulletとギター”|記事一覧

BLUE ENCOUNT

2004年結成。田邊駿一(vo,g)、江口雄也(g)、辻村勇太(b)、高村佳秀(d)の4人組エモーショナル・ロック・バンド。ライブでこそ味わいたい力強いバンド・アンサンブルが魅力。最新作は11月18日リリースの『Q.E.D』。

公式HP>
田邊駿一Twitter>
江口雄也Twitter>
YouTube>

最新作
『Q.E.D』

キューン/KSCL-3275/2020年11月18日リリース

作品データ

CHAOSMOLOGY』 V.A.

コロムビア/COCP-41241〜2/2020年9月9日リリース

―Track List―

【Disc1】
01. UNISON SQUARE GARDEN 「Vampiregirl」
02. BLUE ENCOUNT 「Supernova」
03. BiSH 「Discommunication」
04. THE BACK HORN 「キャンドルの灯を」
05. FLOWER FLOWER 「名もなきヒーロー」
06. a flood of circle 「Black Market Blues」
07. cinema staff 「Talking Machine」
08. チャラン・ポ・ランタン 「ハートに火をつけて」
09. ストレイテナー 「カモメ」

【Disc2(instrumental)】
01. SPECIAL OTHERS 「Wanderland」
02. fox capture plan 「ガラスの街のアリス」
03. mudy on the 昨晩 「Punishment」
04. LITE 「次の駅まで」
05. DEPAPEPE 「スタンドバイミー」
06. Ryu Matsuyama 「The World」
07. アルカラ 「Living Dying Message」
08. キツネツキfeat.タブゾンビ(SOIL&“PIMP”SESSIONS)&栗原健 「黒い森の旅人」
09. →Pia-no-jaC← 「ハートに火をつけて」

9mm Parabellum Bullet
『CHAOSMOLOGY』特設サイト

https://columbia.jp/9mm/