Interview | 小山田壮平×濱野夏椰 初ソロ作『THE TRAVELING LIFE』の制作秘話 Interview | 小山田壮平×濱野夏椰 初ソロ作『THE TRAVELING LIFE』の制作秘話

Interview | 小山田壮平×濱野夏椰
初ソロ作『THE TRAVELING LIFE』の制作秘話

andymori、ALのフロントマンとして日本のロック・シーンを牽引した小山田壮平が、キャリア初となるソロ・アルバム『THE TRAVELING LIFE』をリリース。“人生とは旅である”をコンセプトにした今作のレコーディングには、Gateballersの濱野夏椰(g)と久富奈良(d)、そして藤原寛(b)を始め、小山田が信頼を寄せるミュージシャンが参加しており、とてもリラックスした音世界を堪能できる。小山田とは10年来の仲だという濱野夏椰とともに、アルバムの制作について話を聞いた。

取材・文=小林弘昂 写真=星野俊


ベンチャーズをひたすら弾きまくってたんですよ。
──小山田壮平

壮平さんはギター・マガジンに一度も登場したことがないので、まずはギターを始めたキッカケから教えてもらえますか?

小山田 もともと僕はB’zを聴いて歌手になろうと思いまして。それからMr.Children、スピッツ、エレファントカシマシ、THE YELLOW MONKEYといった90年代のバンドが好きになったんです。ピアノは小学4年生からやっていたんですけど、中学1年生の時に“ミュージシャンになるならやっぱりギターをやらなきゃいけないな”と思って(笑)。それで近所の楽器屋さんに行ってギターの先生を紹介していただいて、貯めていたお年玉でストラトキャスターを買ったのが始まりですね。

最初はギターのレッスンを受けていたんですね。

小山田 そうです。でも、その先生がベンチャーズしか教えてくれなくて(笑)。今は素敵だと思っているんですけど、当時は苦手だったベンチャーズをひたすら弾きまくってたんですよ。あと、それと同時期くらいに父親がK.Yairiのアコギを知り合いから借りてきてくれて、それで当時のヒット・ソングのコードを覚えて弾き語りを始めました。

壮平さんの楽曲は、70年代の日本のフォークや、00年代以降のオルタナ/ガレージ・ロックの影響も感じられるのですが、最も影響を受けたギタリストは?

小山田 ずっとボーカリストを見ていたというか、ギターに注目することが大学生くらいまでなくて。意外かもしれないんですけど、レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドを映像で見た時に初めて“ギターってすごいんだな!”と感じたんです。andymoriを始めた時はリバティーンズやストロークスがすごく好きだったので、当時は“和製リバティーンズ”と呼ばれていました(笑)。

夏椰さんのルーツは壮平さんと近いのでしょうか?

濱野 いや、全然違っていて、僕はBLANKEY JET CITY、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなどを聴いていたんです。

超ロック少年ですね。

濱野 おもしろかった話があって。以前、壮平君バンドのライブで「everything is my guitar」(『andymori』収録)を演奏することになったんですよ。おそらくandymoriのライブでは一度も弾かれていなかった歌裏のギター・フレーズがあって、それをコピーしなくちゃいけなかったんです。その時に壮平君が“これはジョン・フルシアンテ風のフレーズなんだ”って言っていたんですけど、僕は“これのどこがジョン・フルシアンテ?”って思って(笑)。その解釈がこんなにも違うのかと。

小山田 ジョン・フルシアンテも好きでしたね。あのフレーズはジョンですよ(笑)!

濱野 裏から弾くっていうところはね(笑)。

小山田壮平

今作のリリース前にレコーディング・メンバーでツアー(「小山田壮平バンドツアー2019」)をまわりましたが、壮平さんがバンドのギタリストに夏椰さんを指名した理由は?

小山田 彼のギターが本当に好きで、すごく尊敬していて。

濱野 僕も壮平君の歌が好きです。

小山田 このように僕の音楽も好いていてくれて、一緒にやってくれそうな感じもあったのでお願いしました。

壮平さんから見て、夏椰さんはどんなギタリストですか?

小山田 情熱的で、無邪気なギターも弾く。でも、破壊的っていうことじゃないんです。ちゃんと曲の中で彩ってくれるところもあるし、特にラップ・スティール・ギターはすごく優しい響きを感じますね。

夏椰さんから見た壮平さんはどんなギタリスト?

小山田 “一応ギター持ってるなぁ〜”みたいな(笑)?

濱野 いやいや(笑)。壮平君のギター、かなり好きだよ。『革命』(2011年)の時は“おぉ〜!”って思ったな。あと壮平君のプレイはムダがないですね。僕のギターがなくても成立する状態で曲を持って来るから、いつも何をしたらいいのかわからないところから始まっていて。だから僕は“余計なことをする係”なんです。

壮平さんの楽曲はandymori時代から3ピースで楽曲が成立していたので、夏椰さんがどうやってそこにギター・フレーズを入れるのかがすごく気になっていたんですよ。

濱野 同じ音を違うポジションで弾いて重厚にしたり、いろいろやることはあったんですけど……いつも困ります(笑)。困りながらやっています。

小山田 andymoriの曲をやる時は特に困らせちゃうかな。

濱野 例えば「グロリアス軽トラ」(『ファンファーレと熱狂』収録)はアレに何か加わっても嫌で。だから“軽トラ感”を出そうとラップ・スティール・ギターを弾いています。

現在、壮平さんは福岡に住んでいるそうですが、どうやってバンド・メンバーとアレンジを仕上げていったのですか?

小山田 基本的にはGarageBandですね。一番多かったのはギターと歌とコーラスだけ入れたデモをみんなに投げておいて、会った時に擦り合わせるというやり方でした。

濱野 最初に壮平君から“こういう感じで!”とイメージを言われるんです。で、それを考えて持っていくと、ふたりの間のジョン・フルシアンテの解釈が違った……みたいなことが発覚して、やり直すという(笑)。

小山田 おもしろい話はいっぱいありますよ。僕は「旅に出るならどこまでも」の夏椰君のギターを聴いてビックリしましたね。

濱野 “カマキリ・グルーヴ”ね(笑)。

カマキリ・グルーヴ(笑)。ショート・ディレイがかかったフレーズのことですよね。

濱野 そう。カタカタカタ……っていう(笑)。

小山田 それがカッコ良い。それとサビの途中から(2:21〜)のコード進行も夏椰君がちょっと変えてくれて、もっとカッコ良くなったんですよね。

濱野 “『太陽にほえろ!』ゾーン”ね。

小山田 いやいや、文字じゃわからないでしょ(笑)!

濱野 ギタマガ読んでる人はわかるよ(笑)!

下部から次ページへ