Interview | 古市コータロー(THE COLLECTORS)コロナ禍で改めて音楽と向き合った24枚目 Interview | 古市コータロー(THE COLLECTORS)コロナ禍で改めて音楽と向き合った24枚目

Interview | 古市コータロー(THE COLLECTORS)
コロナ禍で改めて音楽と向き合った24枚目

THE COLLECTORSが、24枚目のフル・アルバム『別世界旅行〜A Trip in Any Other World〜』をリリースした。新型コロナ・ウイルスや香港民主化デモに始まり、急速に変化する現代社会、失われつつある昭和の風景、2020年以降の新たな人生観/価値観を歌詞に込めている。それをネオアコやネオGSのバンド・サウンドに乗せ、THE COLLECTORS流にパッケージ。今回はコロナ禍の自粛期間を経て、“改めて音楽と向き合った”という古市コータロー(g)に、制作の話を聞いた。

取材・文=小林弘昂 人物撮影=星野俊


相談があったんですよ。
“マーシー、ベンジーとか候補があるんだけど”って。

『別世界旅行〜A Trip in Any Other World〜』は、急速に変わりゆく現在の世の中を描いたアルバムですね。制作はいつから始まり、どのようなコンセプトで進めていましたか?

 4月か5月くらいに制作に入ったかな。曲を作るのは加藤(ひさし)君なんで、彼がどういうコンセプトで始めたか知らないけど。……あの人は今年で還暦だから、最初は自分を振り返るとか、そういうことを思っていたんじゃないかな? これは推測だよ! でも、こんな世の中になってしまって気持ちが変わったんじゃない?

歌詞の内容も最近のことばかりですもんね。

 本当だよ。サンケイスポーツって感じだもんね。普通、アルバムって発売日の何ヵ月も前に完成するものじゃん? ウチは数週間前に完成するスタイルなんだけど(笑)。今にピッタリ合う。

このコロナ禍、コータローさんはどのように過ごしていましたか?

 自粛期間中はずっと家にいたね。オレね、今までボトル・ネックをやったことがなくて、自粛中におそるおそるチャレンジしてみたんだよ。“どうやったらいいんだろうな?”と思って、藤井一彦(THE GROOVERS)に電話して。“一彦さ、暇でボトル・ネックやろうと思うんだけど、どうしたらいいの?”って聞いたら、“初めて? だったら小指が良いよ!”って言うから、小指で始めたの。たまたま以前、リットーミュージックさんからいただいた教則DVDがあったから、それを観ながらオープンDチューニングにして指弾きで(笑)。楽しかったな。

そうだったんですね(笑)。「全部やれ!」のイントロにもスライドが入ってますよね。

 あれは加藤君がいたずらしたんじゃない?

(笑)。自粛期間中にギターと向き合う時間が増えて、“今が一番うまい”と言うギタリストの方もいらっしゃいますが、コータローさんはどうですか?

 いや、それはない。別に向き合ってないもん(笑)。こういう機会だからボトル・ネックをやってみようとしただけで。でも、イチからやるってのは楽しかったよ。一応ギタリスト生活も長いから、わりとすぐうまくなったね(笑)。まだステージでやる度胸はないけど、なかなか良いんじゃないかな。

コータローさんのInstagramを見ていると、フュージョンやUSインディやハードロックなどなど、さまざまなジャンルのレコードを聴いていますが、今回の制作にあたり特定のアーティストからのフィードバックはありましたか?

 どうなんだろうなぁ。無意識のうちにはあるのかもしれないけど、意識的にはないね。さっき“ギターと向き合う”という話をしたけど、オレは音楽とはすごく向き合ったよ。普段あまり聴かないようなレコードを聴いたり、普段ではしないような聴き方もいっぱいしたし。そういった意味では、ギターの立ち位置っていうものを自分の中で考えていたのかもしれない。意識はしてないけど。

今作は「おねがいマーシー」でザ・クロマニヨンズの真島昌利さんが参加したことが大きな話題になりました。ひさしさんがマーシーさんに“曲名にマーシーって使っていい?”と連絡したのが始まりだそうですね。

 まずオレに加藤君から相談があったんですよ。“マーシー、ベンジーとかいろいろ候補があるんだけど、どうしよう?”って。で、オレは“やっぱマーちゃんが良いんじゃないの? 歌った感じもマーシーがすごく合うし良いと思うよ”ってアドバイスして。それで加藤君がマーちゃんに電話したという。そしたら“ぜひ!”って感じだったんで、“だったらついでに弾いてよ!”って(笑)。

それでOKをもらったと。

 そう。もともとはオレが弾いたギター・ソロが入ってたんだけど、“オレの消していいから、そこ弾いてもらおう!”って。

え〜(笑)! MVを観ると、ソロの最後のチョーキングだけふたりで一緒に弾いていますよね。

 あれがオレが弾いたソロのキメだったの! あそこだけ残した(笑)。

ひさしさんがベーシストとしてTHE BLUE HEARTSへの加入を打診されたというのは有名な話ですが、コータローさんとマーシーさんとの初めての出会いはいつだったんですか?

 80年代だね。マーちゃんはたまにTHE COLLECTORSのライブを観に来てくれてたから、顔見知りになって。あとね、昔、下北沢に蜂屋っていう中華料理屋さんがあったんだよ。ある時、そこでオレと、加藤君と、マーちゃんと、(甲本)ヒロト君でカツ丼を食べた記憶があって。何でカツ丼を食べたのかわかんないんだけど(笑)。まぁ、そういう感じで昔から同じシーンにいたような……何て言うんだろうな。同じ中学出身じゃないけど、そういう気持ちはある。

藤井一彦さんやフジイケンジさん(The Birthday)を始め、コータローさんのまわりには何十年も一緒に過ごしているミュージシャンが多いですよね。

 うん。最近は一彦と一緒にバイクで走ってるから。

あ、バイクの免許を取られたんですよね!

 オレが取って、そのあと一彦も取って。もう2回一緒にツーリングに行ったよ。

今作には「オートバイ」という曲もありますが、これはコータローさんが免許を取ったからできたんですか?

 もともとオレも加藤君もバイク好きだから、久しぶりにスタジオでずっとバイクの話ばっかりしてたのよ。そんな感じで書いたんじゃないかな? そういう意味じゃ“オートバイ”も2020年のキーワードだね、オレにとって。

この曲はネオアコっぽいですよね。

 そうそう。それはちょっと意識したね。90年代あたりのラーズとかを。自分たちの青春ではないけど、ロックばっかり聴いてた頃を思い出して。この曲は多分、ディレイをかけ録りして、ES-335でアルペジオを弾いてるだけですよ。

下部から次ページへ