山内総一郎(フジファブリック) 『I Love You』を彩ったファンク・ギター・サウンド 山内総一郎(フジファブリック) 『I Love You』を彩ったファンク・ギター・サウンド

山内総一郎(フジファブリック)
『I Love You』を彩ったファンク・ギター・サウンド

“愛”をテーマにした11枚目のアルバム『I Love You』をリリースしたフジファブリック。JUJU、幾田りら、秦 基博といった豪華なゲスト・ボーカルを鮮やかに彩るバンドのポップ・センスが光る一方、ハネまくるカッティング・ギターやメロウなソロを取り入れた楽曲が並んでおり、ギタリスト・山内総一郎のファンク・プレイを存分に堪能できるバラエティ豊かな1枚となっている。今回は山内の使用機材やサウンドメイクから『I Love You』に込められたこだわりを深堀りすべく、インタビューを行なった。

取材・文=小林弘昂 人物写真=nishinaga “saicho” isao


今回はあえて悪い音にするために
ペダルで音をこもらせたんです(笑)。

今作『I Love You』は、山内さんのブラック・ミュージック愛が感じられるファンキーなギター・プレイが炸裂しています。制作の段階で、どのような音像をイメージしていましたか?

 今回はあんまり和音で埋めていくようなプレイじゃないんです。というのも、今の音楽シーンのレンジ感というのは上と下が伸びてきていて、それをサブスクリプションのストリーミングやCDで再生するとなると、ギターのパワー・コードは歌を殺しちゃうところもあるんですよ。だから今回は“カッティングが中心になるんだろうな”と思っていましたね。その中でも、いわゆるギター・ボーカル的な感じではなく、ほかの楽器を聴かせるギター・プレイを心がけるようにしました。フジファブリックがデビューした頃の自分の立ち位置に近いような。

今作の楽曲はストリングスを導入したものも多くて、ギターの立ち位置を今までよりも気にしたのかなと思うんですよ。

 そうですね。曲を作る時っていうのは、あらかじめ全部のパートを入れた状態で作るんです。で、ウワモノを整理していく中でギターの位置をすごくシンプルにしないといけなくて。あとは『I Love You』というタイトルなので、言葉が伝わるようなギターが良いかなと思っていました。

ギター・サウンドは歪みが少なくて、楽器の生の質感をそのまま生かしているのも特徴だなと感じたんです。

 あんまり歪ませてないかもしれないですね。今おっしゃったように、ストラトの良いところとか、ほかの楽器の音を素直に出すほうが良いかなと思ってアンプをチョイスしたんですよ。

なるほど。アンプは何を?

 65年製のSuper Reverbだけです。フェンダー特有のハリがある、良い音のアンプなんですよ。でも、今回はあえてそれを悪い音にするために、KlonのCentaurやコンプレッサーなんかをつないで音をこもらせたんです(笑)。ギター側のトーンを絞ると抜けが悪くなっちゃうので、ペダル側でトーンを絞って。

そうだったんですね(笑)。それと先日のリハーサルで、Universal AudioのOX Amp Top BoxをブラックフェイスのDeluxe Reverbにつないでいましたよね。単純にアッテネーターとして使用していたのでしょうか?

 実はDeluxe ReverbとOXっていうのは、家で使っているセットなんですよ。それを1回リハで試してみようとしたのが、あの日だったという。OXをうまく使ってる人の意見を聞いてみたいですね。ジョン・スコフィールドとかジュリアン・ラージとかはクリーン・サウンドで使ってたりもするし。あとはフェスみたいなところでOXを使ってる人を見たことあるんですよ。“ライブで使ってる人いる!”と思って。

デジタル機材も色々と試しているんですね。

 そうですね。フジファブリックのバンド・サウンドも、今回はいわゆるプログレッシブ・ロックみたいな感じじゃなくてファンキーなものになったので、“ちょっとスッキリさせたらどうだろう?”という試みの中でラインの音でやったりしていて。色々試して、6月のツアーまでに答えを出したいと思っています。

左から、金澤ダイスケ(k)、山内総一郎(vo,g)、サポート・ドラマーの玉田豊夢(d)、加藤慎一(b)

」の歪みはオルタナっぽい荒々しさが出ていて、Sola SoundのTone Bender MKⅢを使ったのかなと思ったのですが。

 そうです。Tone Benderです。最初はああいうギターは入ってなかったんですけど、家で録ったやつを聴いてたら、“ちょっと若さが足りんな……”と思って追加しました(笑)。そういう時にゲルマニウム・トランジスタのファズっていうのは、本当に良い引き立て役になるというかね。手元のボリュームをちょこちょこいじりながら弾きました。

それとBinsonのEchorec 2°を新たに手に入れたんですよね?

 2台目です。ディレイはやっぱりEchorecが一番好きですね。でも、Echorecは鉄粉がディスクに溜まっちゃうので、今はライブ中ずっとは回さないようにしているんですよ。修理に出すと、手間や、時間や、お金もかかってくるのでね。本当は僕がメインテナンスをできたらいいんですけど。

今の時代、なかなか実機のEchorecをライブで使う人はいないですよね(笑)。

 僕も見たことないです(笑)。もちろん昔はピンク・フロイドとかが使ってましたけどね。デヴィッド・ギルモアもそうだし、リック・ライトが鍵盤にかけてるやつがめちゃくちゃカッコ良かったりして。

Echorecはライブでどんな使い方を?

 もうね、かけっぱなしでもいいくらいの音なんですよ。例えばリバーブとして奥に引っ込める使い方もできますし。僕が一番使うのはフィードバックですね。ツマミを回して“ホワホワホワホワ……”と。Echorecってカオスなフィードバックを作っても、その上にギター・サウンドを足せるんですよ。

サウンド・オン・サウンド的な!

 そうです。音が飽和しない。僕、Echorecのコピー・モデルのディレイを4〜5台持ってるんですけど、あれができるペダルはまだ見たことないですね。

今作は「たりないすくない feat. 幾田りら」や「光あれ」などでワウの登場回数が多かったですが、使用したのはVOX?

 VOXですね。

もしかして、Clyde McCoyですか?

 そうです。60年代後半の顔がプリントされてないやつですよ。実は前にFREE THE TONEの林(幸宏)さんのスタジオで、L’Arc〜en〜Cielのkenさんと3人でCentaurとワウをめっちゃ試したんです。その中でも“楽器っぽい音”がしたのがVOXのその年代のワウで、そのあとReverbやeBayで探しましたね。めっちゃキレイな個体はとんでもない値段がしましたけど、僕のは使用感があったので、日本の相場ほど高くなく買えました。

以前までワウはRMC10を使っていましたよね?

 あれも良いんですよ〜。RMC10とかRMC5とか、RMCのワウはほとんど持ってるかな。今、RMC5は鍵盤の大ちゃん(金澤ダイスケ)が使ってますね。見たら使ってて、“ま、いいや”と(笑)。RMCは現行モデルの中では一番好きです。

そして、しれっとCentaurもシルバーの絵ナシから、いつの間にかゴールドのロング・テールになっていますが……。

 あれは……高かったです(笑)。いわゆるオーバードライブとして使えるんですよ。前に使っていたシルバーのほうは、もうちょっと音が固くて、ゲインを上げていくとダマになっていたんですけど、こっちのほうが音に柔らかさ、弾力があったんです。自分でも“さすがに2台もいらんやろ!”と思ってたんですが、製造時期の違いでこんなにも音が変わるのかと知れて、おもしろかったですね。

では、ライブではメインの歪み的な?

 基本はアンプの音なんですけど、歪ませる時はCentaurで。ゲインは12時くらいですね。

>使用ギターについては次ページで!!