Interview | サーストン・ムーア【前編】90年代の回想、そして新作『screen time』の誕生について Interview | サーストン・ムーア【前編】90年代の回想、そして新作『screen time』の誕生について

Interview | サーストン・ムーア【前編】
90年代の回想、そして新作『screen time』の誕生について

今年2月、Bandcampで新作ソロ・アルバム『screen time』をリリースしたサーストン・ムーア。コロナ・パンデミックの昨年、1人でギター・トラックをいくつも録りため、共通点のあるものをつなぎ合わせたアンビエント作品である。今回、ギター・マガジンは4年ぶりにサーストンへインタビューを敢行。アルバム制作の話を聞く前に、サーストンが表紙の2021年4月号『90年代USオルタナティブ』を見せたところ、なんと大喜び。その流れで90年代の話を聞いてみた。前編ではそれに加え、ステイホーム期間中の話もご紹介。また、ギター・マガジン2021年6月号『ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)特集』でも、サーストンがケヴィンの魅力について語っているほか、6月13日発売のギター・マガジン2021年7月号にも『screen time』のアルバム・インタビューを掲載予定なので、そちらも併せてチェック!!

取材・文=小林弘昂 翻訳=トミー・モーリー


僕らよりも少し若い人たちが
“コイツらはオレたちのためのバンドだ!”と認めてくれたんだ。

今日はインタビューのお時間をありがとうございます。ご存知かもしれませんが、ギター・マガジン4月号では、あなたを29年ぶりに表紙にさせていただきました(ギタマガを見せる)。

『ギター・マガジン2021年4月号』
特集:90年代オルタナ革命

 冗談だろう? 僕は一切知らなかったよ。もっと見せてくれ!……オー・マイ・ゴッド! ぜひ欲しいね、ちょうだいよ!

もちろんです! 日本に来たら、我々から何10冊と奪っていって下さい。

 望むところだよ! 日々ライブ会場が再開されることを待ち望んでいるんだ。その号はなかなかクールな仕上がりだね!

90年代のUSグランジ/オルタナティブ・バンドを特集したので、ソニック・ユースだけでなく、あなたの友人たちもたくさん載っています。ダイナソーJr.、ニルヴァーナ、フレーミング・リップス、ペイヴメント……。

 クールだね!

(ページをめくりながら)ピクシーズのブラック・フランシス、パール・ジャムのマイク・マクレディ、あなたの盟友リー・ラナルド。そして、このグレイトなノイズ・ギタリストですね(サーストンのページを見せる)。

 ワーオ、ファンタスティック!!! 来週ニューヨーク市に行くから、日本の書籍店でぜひチェックしてみるよ!

そして5月号では、フェンダーのムスタングを特集しています。あなたも一時期ムスタングを使っていましたよね? ストラトキャスター用のピックアップを3基搭載したもので……(誌面を見せる)。

 そう、そのギターだよ! かなりのお気に入りだったんだけど、99年のソニック・ユースのライブの直前に、機材が丸ごと全部盗まれてしまったんだ。そのムスタングもね。

Photo by Mick Hutson/Redferns

おぉ……。このムスタングはスライド式のピックアップ・スイッチが取りはずされ、ストラトキャスター用の5wayスイッチが搭載されています。

 もともとそういう状態で売られていたんだ。前の所有者が改造したってことだね。僕らはギターを買ったらボリューム・ノブとピックアップ・セレクター以外の回路を取り払っていたんだけど、あのムスタングはそういう改造をしなかった数少ないクールなギターだったな。今も持っていたら……と願うことさえあるよ。

写真を見る限りはトレモロ・アームをはずして使っていたようですね?

 あのムスタングには最初からアームが付いてなかったのかもしれない……。うん、多分そうだった気がするよ。必ずしもすべてのギターにアームを付けていたわけじゃなかったんだ。でも、アームがないギターをプレイするっていうのは、何か重要な部分が欠けているように感じるね。最近フェンダーからジャズマスター・シェイプのAcoustasonicをもらったんだけど、それにもアームがなくてね。まぁ、さすがにその必要はないギターなんだけどさ。

そうですね(笑)。90年代のグランジ/オルタナ・シーンについて、もう少しお話しを聞かせて下さい。今から30年前の91年は、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン『loveless』、ニルヴァーナ『Nevermind』、ダイナソーJr.『Green Mind』などがリリースされた、すごい年でした。ソニック・ユースもメジャー・デビューを果たし、ヨーロッパ・フェス・ツアーを行なっていましたよね。その模様が『1991:The Year Punk Broke』というドキュメンタリー映画にもなりました。改めて、91年はどのような年でしたか?

 僕らみたいなバンドが受け入れられようとしていた、まさに変革の時代だったと思う。特にヨーロッパではね。映画監督のデヴィッド・マーキーに『1991:The Year Punk Broke』の話を持っていった時、いくつかのライブを撮影して、それをプロモーション目的にVHSでリリースするのはどうかということになったんだ。当時は僕らがメジャー・レーベルに所属していたから、お金をかけてそういったことをやってもいいというOKが出たんだよね。で、それをソニック・ユース名義のライブ映像として売れば良いと考えたんだろう。

ニルヴァーナとの思い出も教えていただけますか?

 ニルヴァーナが僕らのサポートをしてくれて、何度か一緒にライブをやったよ。チケットはどこも売り切れで、オーディエンスのレスポンスも良く、大きな波がやってきていたんだ。ダイナソーJr.がサポートしてくれたライブもいくつかあった。“クレイジーなことになってるね。僕らみたいな音楽を選ぶ人が確実に増えてきている”と、みんなが肌で感じていたよ。僕らよりも少し若い人たちが、“コイツらはオレたちのためのバンドだ!”と認めてくれたんだ。とても気分が良く、ファンの人たちからエネルギーをもらっていたよ。ニルヴァーナは僕たちよりも少し若くて、オーディエンスとほぼ同じような年齢でね。当時はまだ彼らのことなんて誰も知らなかったけど、ライブを観た人たちは、“これこそが欲していた、僕らのアイデンティティを持ったサウンドだ!”となっていたのさ。僕も生でその現場を目撃していたけど、まさかニルヴァーナが世界最大のバンドになるなんて思ってもいなかったな。

そうだったんですね。

 今でも『1991:The Year Punk Broke』を見返すけど、貴重なニルヴァーナの記録にもなっているよね。僕らがこの映像を編集している間に『Nevermind』がリリースされ、発売から2ヵ月の間で歴史的名盤となっていった。ニルヴァーナは超新星のようなバンドとなり、まるで隣人が世界的スターになったような感覚だったよ。当時のフェスなんて、みんなラモーンズやストーン・ローゼズを観に来ていたもので、ニルヴァーナなんて出演順がかなり早いほうだったんだ。彼らは正午にプレイし、それから2バンドくらい挟んでソニック・ユース、そしてストーン・ローゼズという順番でね。ニルヴァーナが若手で、僕らは中堅という位置付けだったのが、翌年にはニルヴァーナはビートルズになっていた。

すごい飛躍の仕方ですよね。

 僕らは変わらなかったけど、ソニック・ユースは世界的にそこまで受け入れられる音楽でないということはわかっていたから、別に不思議ではなかったな。これはマイ・ブラッディ・ヴァレンタインにも同じようなことが言える。とても美しい音楽だけど、ラジオから頻繁に流れる音楽ではないだろう?

そうですね。いわゆる“わかりやすいヒット曲”がないというか。

 まだダイナソーJr.のほうが流れてくるよね。当時のラジオはニルヴァーナの成功にあやかって真似をしたようなバンドの音楽ばかりが流れていたけど、僕らはそういったことは一切しなかった。ダイナソーJr.も、ソニック・ユースも、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインも、ニルヴァーナが大成功を掴むよりも前から存在していたからね。あと当時の面白いバンドといえば、ペイヴメントだったな。ちょっと遅れて出てきたけど、ニルヴァーナくらいの大きな成功を掴んでもよかったと思う。けど、やっぱりニルヴァーナを超える存在はいなかった。彼らは従来の物差しでは計り知れないバンドだったんだよ。それは今でも変わらないと思っている。

>新作『screen time』や、サーストンのステイホームの過ごし方は次ページで!!