Interview | フジイケンジ(The Birthday)【前編】鉄壁のアンサンブルで鳴らす骨太ロック・アルバム『サンバースト』 Interview | フジイケンジ(The Birthday)【前編】鉄壁のアンサンブルで鳴らす骨太ロック・アルバム『サンバースト』

Interview | フジイケンジ(The Birthday)【前編】
鉄壁のアンサンブルで鳴らす骨太ロック・アルバム『サンバースト』

The Birthdayの新作『サンバースト』は、シンプルな構成のパンク・ロックが鳴り響く1枚。鉄壁のバンド・アンサンブルの中で骨太のギターをかき鳴らすフジイケンジに、アルバム制作についてインタビューを敢行した。コロナ禍でバンドの活動が思うように進まなかった昨年、フジイにどのような変化があったのだろうか。

取材・文=小林弘昂 人物写真=星野俊


ギターを練習しましたね。
今が一番上手いっていうくらいの域に達したかな。

『サンバースト』は昨年の頭から制作を始めていたとのことですが、どのようなアルバムにしようとしていましたか?

 もう、いつもの感じで(笑)。4人集まって、モチーフをスタジオに持ち寄ってガヤガヤやりました。長い準備期間があったから、今の自分たちのドキュメンタリー映画というか、その時の等身大の感じを録音していけたらいいなっていう。

日常を切り取ったような?

 うん。完成形みたいなものが見えていたわけじゃないですし、行き当たりばったりでやってましたね。

今作には昨年リリースしたシングル「ヒマワリ/オルゴール」が収録されていませんよね。一説によると、曲がたくさんできたからアルバムにはほかの曲を収録しようという話になったとか。

 それもありますね。あとは去年やろうとしていた全国ツアーが東名阪の3本だけになったんですよ。そのタイミングであのシングルを出したから、“お披露目ツアー”みたいな意味もあって。だから、僕の中ではもうあれで完結した感じもあったんです。“もう次に出すものは全部新曲でいいんじゃないか?”って。色々と予定していたことがズレズレになって、たまたまこういう形になったんですけど、結果的に良かったんじゃないかな。

この1年間は自宅にいることが多く、ギターと接する機会も増えて“今が一番上手い”というギタリストも多いですが、フジケンさんはどうですか?

 僕もそうかな。やっぱりライブが延期になったのはしょうがないし、申し訳ないなと思ってたんです。でもそこで時間が生まれて、それはそれですごくありがたかった。僕はもう、そういう時間があったら研究にあてたいからギターを練習しましたね。今が一番上手いっていうくらいの域に達したかな。

おぉ〜! 具体的にどんな練習を?

 僕は教則DVDを観るのがすごく好きで、色々取り寄せては練習して。でも、そういうのってツアー中とかレコーディング期間中とかだったら、あんまり身が入らないんです。

日々のやることに追われて、そうなりますよね。

 毎日ずっとやっていけば習得できる技術もあるけど、どうしても三日坊主になりがちで。でも、今回くらい期間が空くとそれができたから、“これはチャンスだ!”と(笑)。

練習内容はジャズですか?

 そうそう。ジャズですね。

『サンバースト』の制作に生かされた部分もあったり?

 うーん、どうなんですかね? 上手くなってる部分はあるんだけど、何か下手になってる部分もあって(笑)。“ここ、こんなに時間かかるかな?”って手こずったところもあったんですよ。だからトータル的には変わってないけど、楽しめた時間でした。

古市コータローさんはコロナ禍で音楽をたくさん聴くようになったと話していたのですが、フジケンさんは何かインプットはありました?

 実はCDを聴くよりも、教則DVDを観てるほうが良くて(笑)。解説しながらやってくれるから、もう最高のサンプルなんですよ。

なるほど(笑)。どんなギタリストの教則DVDを?

 ジョー・パス、ジム・ホール、タル・ファーロウとか。

おお、めちゃくちゃ難しいですよね。

 難しい。でも、観るのはすごく楽しいです。

>楽曲の話は次ページにて