Interview|Miyako(DEZERT)【前編】 ピッキングの妙で生まれる七色の音。 Interview|Miyako(DEZERT)【前編】 ピッキングの妙で生まれる七色の音。

Interview|Miyako(DEZERT)【前編】
ピッキングの妙で生まれる七色の音。

V系4人組ロック・バンド、DEZERTの最新アルバム『RAINBOW』が7月21日にリリースされた。タイトル通り、カラーの異なる7曲の巧みな色分けを担うのはもちろん、Miyakoの多彩なギター・プレイ。さっそく本人に話を聞いてみよう。

取材/文=村上隆行 写真=西槇太一

弾き終わったらギターが血まみれになっていて、 “よし、このテイクでいこう”って(笑)。

最新アルバム『RAINBOW』はタイトルにふさわしく、テイストの異なる7曲がパッケージされていますね。

Miyako 楽曲がバリエーションに富んでいるのは意識したわけではなくて、自然とこうなりました。元々DEZERTはいろんな曲をやるバンドで、そういう意味ではいつもどおりという感じですね。あがってきた曲の中からメンバーとスタッフ・チームでこれがいいんじゃないかというミーティングを何回も重ねて、7曲を選びました。

自然体で幅広い楽曲を作れるのは強みといえますね。さらに、『RAINBOW』は新たなDEZERTに触れられることもポイントです。

Miyako 1曲目の「デザートの楽しいマーチ」は、また新しいテイストの楽曲ですよね。この曲はバンドでプリプロを重ねていく中で、デモからガラッと変わったんです。普段はデモから曲調や雰囲気が大きく変わることは、あまりないんですよ。だけど、「デザートの楽しいマーチ」はプリプロで、もう違う曲かというくらいのものが何パターンかできた。その結果、今までのDEZERTにはなかったものに仕上がりました。

「デザートの楽しいマーチ」は意表を突く展開や歌中のリーディングなど“ハッ”とするポイントが多いです。それに、モチーフになっているスピーディなカッティング・リフが、すごくカッコいいです。

Miyako あのカッティングも元のデモにはなかったんです。プリプロで違うパターンがいくつかできて、最終的にカッティングを入る方向になりました。言われたとおり、あのカッティングはかなり速くて、体調に左右されるフレーズです(笑)。ちょっと体調が悪い日はダメかもしれない……みたいな(笑)。7月のライブで初めて演奏したんですけど、この曲はやる前に気合を入れて、もう全集中で弾きました(笑)。

疾走感やキレの良さ、さらに厚みも要求されるカッティングですからね。ペケペケの音で、ピッキングで音圧を出していることが印象的です。

Miyako そう、かなり強く弾いています。軽いピッキングのほうがキレとかは出るけど、ああいうニュアンスにはならないんですよ。それも難易度を上げていますね。ただ、「デザートの楽しいマーチ」は、楽曲自体はヘヴィじゃないですか。7月のライブで演奏して、この曲のパワーを感じました。ちょっと今までのDEZERTにないテイストの曲なので、ライブでやったらどういう感じになるのかなというのが、みんなの中にあったんですよ。でも、ライブ後にメンバーと話して、「デザートの楽しいマーチ」はライブでもすごくパワーのある曲になったなということで意見が一致した。今回の曲は全部そうですけど、特に「デザートの楽しいマーチ」はライブも楽しみにしていてほしいです。

新しいことに挑戦したのは正解でしたね。「デザートの楽しいマーチ」以外にもギターの聴きどころは多くて、たとえばパワフルかつスタイリッシュな「Your Song」は楽曲の華やかさを後押しするアプローチが光っています。

Miyako 「Your Song」はコロナ禍になって作った曲で、この曲だけみんなで集まってレコーディングできない中で録ったんです。いつもはプリプロとかもメンバーみんなで集まって時間をかけて詰めていくんですけど、この曲はデータのやり取りをしながら進めていった。イントロのコード感はデモの段階からあったんですけど、“ここに乗るカッコいいフレーズを考えてよ”と言われたんですよね。それで、家に閉じこもっていろいろ考えていたら、フッとあのフレーズが浮かび上がったんです。この曲はレコーディングも俺とエンジニアさんだけで録って、今聴いてもその当時の不安な気持ちとか、煮詰まった感覚が蘇ってきます。

華やかでいながら翳りを帯びているのは、それが理由かもしれませんね。「Your Song」はドラマ性のあるギター・ソロも注目です。

Miyako ギター・ソロの入り口はイントロの流れを汲んだフレージングになっているじゃないですか。最初はそういうものではない、普通のギター・ソロを弾いていたんですけど、数回だけメンバーとスタジオに入る機会があって。その時に“ギター・ソロです!”という感じの別物のフレーズが出てくるよりも、イントロをモチーフにしたフレーズのほうがライブで演奏した時に映えるなと思ったんです。メンバーみんなでグルーブを確かめ合うようなセクションにできたらいいなというのもあって、イントロからの流れを汲んだものにしました。

それが奏功して、イントロに戻ったあと、内面の思いが溢れ出てしまった……というように聴こえます。

Miyako そうなんですよね。ドラマチックにしようと思って作ったソロじゃないのに、そういうものになったことを感じる。そこも含めて、イントロのフレーズを活かしたのは正解だったなと思います。

バンドで音を合わせられる機会があったことが、いい結果を生みましたね。続いて、切ないミディアム・チューンの「あなたのそばにいる」では、アコースティック・ギターを弾かれています。

Miyako アコギも最初の段階では入れる予定ではなかったんです。エレキ・ギターのクランチのバッキングと、もう1本の上物という感じだったけど、プリプロを進めていってイントロとかAメロとかのメインのフレーズができた時に、これはバッキングはアコギでいこうという話になったんです。

これは12弦でしょうか?

Miyako いえ、普通に6弦です。12弦で録ろうかという話もあったんですけど、最終的に6弦でいこうということになりました。アコギはボディが大きいものと小さいものを試して、小さいほうを使ったんです。だから、6弦だけどシャラシャラした音で、ちょっと12弦っぽい音になっていますね。

音のレンジが広い大きなアコギが合うだろうというイメージではなくて、フラットな耳で聴いて小さいアコギをチョイスされたんですね。それに、隙間を活かしたフレージングで、切なさを醸し出しているエレキ・パートも絶妙です。

Miyako ありがとうございます。リード・ギターは録りの当日に、音色の面でかなり試行錯誤しました。俺的にはスウェードみたいなギターのイメージでプリプロを進めていたんですけど、レコーディングする時に違う方向性もやってみようかなという気持ちになって。それで、マーシャルではなくてマッチレスを鳴らしたんです。そうしたら、こっちのほうがいいねということになって、プリプロとはかけ離れたところにいきました。その結果、“あなたのそばにいる”という歌詞とかも含めて、より楽曲に寄り添ったギターになったことを感じています。

アコギと同じく、やはり客観的な耳で使用アンプを判断されたんですね。

Miyako そう。伸びる音のほうが弾きやすかったりするけど、マッチレスのほうが良いとなってレコーディングはけっこう苦労しました。音が伸びないし、ゴマカシも効かない音なので、フレーズはプリプロで決めたものと同じだけど、弾き方が変わってくるんですよ。ただ、「あなたのそばにいる」で地味に一番こだわったのは、サビ前に入ってくる不協和音っぽいギターとベースのセクションなんです。そこはコンポーザーの千秋(vo)がすごくこだわっていて、彼の中に明確なイメージがあるみたいだったんですよ。それを具現化するためにいろいろ試行錯誤して、千秋が納得するところまで持っていきました。アームを使ったり、不協和音のアルペジオを入れたりしましたね。この曲の他のパートのギターはシンプルだけど、唯一そこだけ何本も重ねているんです。

美しい世界観の中に“汚れ”を入れ込むのはさすがですし、非常にインパクトの強い瞬間になっています。

Miyako 俺らのバンドは楽曲の中に不協和音が織り込まれていることがけっこう多くて、それが個性のひとつになっているところがあって。それは、ギタリストがコンポーザーの最近のバンドでは、あまりないような気がするんですよ。楽器を弾く人が作ると、良くも悪くも整える方向に持っていきますよね。うちのバンドはボーカルのイメージに合わせていくので、いい意味ではみ出てしまっている場所がけっこうある。それはDEZERTの個性であると同時に、魅力のひとつになっているんじゃないかなと思います。

同感です。オールドロック・テイストをフィーチャーした「殺されちゃう」の曲調にマッチしたスモーキーなギター・サウンドにも耳を惹かれました。

Miyako 「殺されちゃう」のメイン・リフは、カッティングが混じったようなリフじゃないですか。それを、綺麗に出したかったというのがあって。最初はもっと歪ませた音で弾いていたんですけど、もう少しニュアンスを出したくてオールド・ロックな感じの音になっていきました。それに、イントロとかでリフの上で鳴っているリード・ギターはファズを使っています。あのフレーズは録りの現場で試行錯誤しながら考えて、とりあえず魂で弾こうみたいな(笑)。レコーディングで疲れてきていたのかそういう状態になっていて、最後のほうは気がついたら流血していました(笑)。

ええっ! 本当に?

Miyako はい(笑)。アウトロを録っていて、弾き終わったらギターが血まみれになっているし、床にも血が滴り落ちていた。それで、“よし、このテイクでいこう”みたいな(笑)。

“気合十分”ですね。普通は指が痛くなってきたら流血する前に一旦弾くのをやめて、休憩すると思います。

Miyako そういう気にはならなかった。“決めてやる!”という気持ちで弾ききりました(笑)。

*新作『RAINBOW』での使用機材についてMiyokoが語ったインタビューの後編は近日公開予定です。

◎ライブ情報
【DEZERT LIVE TOUR 2021 / RAINBOW -カメレオンは空を見上げて笑えるか?-】
8月21日(土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
8月22日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
8月28日(土) 静岡・浜松窓枠 ※SOLD OUT
8月29日(日) 愛知:名古屋ボトムライン
チケットはこちら https://eplus.jp/dezert/21/

作品データ

『RAINBOW』
DEZERT

DANGER CRUE RECORDS/DCCL-241/2021年7月21日リリース

―Track List―

01. デザートの楽しいマーチ
02. Your Song
03. カメレオン
04. あなたのそばにいる
05. 殺されちゃう
06. ミザリィレインボウ
07. 脳みそが腐る

―Guitarist―

Miyako