沙田瑞紀(ex.ねごと)の新プロジェクト=miida1stミニALをリリース 沙田瑞紀(ex.ねごと)の新プロジェクト=miida1stミニALをリリース

沙田瑞紀(ex.ねごと)の新プロジェクト=miida
1stミニALをリリース

沙田瑞紀(vo,g,etc/ex.ねごと)が率いるバンド、miida(ミーダ)の1stミニ・アルバム『utopia』が、8月26日(水)にCD・配信で同時リリースされた。沙田が全曲ボーカルを務め、配信シングル4曲と新曲2曲、The Departmentによるリミックスの1曲、合計7曲を収録する。

miidaは沙田瑞紀、sugawara(d)のふたりによるユニットとして、2019年秋に活動を開始した音楽プロジェクト。しかし、今年1月にsugawaraが脱退したため、今作はふたりによる録音物としても最初で最後の作品となる。

表題曲「utopia」は“ふたりmiida”の最高傑作とのことで、言葉にならない感情にもがきながらも、精一杯に過ごした学生時代を歌ったメロウなダンス・ナンバーとなっている。「Dejavu(2020)」は、自身が所有するSTUDIO KIKIでレコーディングした、気だるいボーカルとグランジ感溢れるギター・ソロが印象的なナンバー。さらに「grapefruit moon」でもエモーションなソロを弾いており、ねごとで培ってきたオルタナティブなギター・センスを味わうことができる。

今作のアートワークはデジタル・リリースされた過去4作品のジャケットがつながることで作り出された”理想郷”が水槽に浮かぶという、幻想的なジャケットやアーティスト写真になっている。

また、今作のために作られた特設サイトも公開中なので、そちらもチェックしてほしい。

作品データ

『utopia』miida

KIKI Records/MCD-01007/2020年8月26日リリース

―Track List―

01.utopia
02.grapefruit moon
03.Blue
04.Dejavu(2020)
05.good morning
06.wagon
07.good morning – The Department Remix

―Guitarists―

沙田瑞紀