特集:セイント・ヴィンセント時代の先を行く表現者はギターに何を求めるのか 特集:セイント・ヴィンセント時代の先を行く表現者はギターに何を求めるのか

特集:セイント・ヴィンセント
時代の先を行く表現者はギターに何を求めるのか

世界的ギター・ヒロインとして唯一無二の存在感を放つセイント・ヴィンセントことアニー・クラーク。独自のスタイルを築き上げロック界のカリスマとなった彼女が、新作『Daddy’s Home』をリリースした。今回は、本作について語った彼女へのインタビューを軸に、“ギタリストとしてのセイント・ヴィンセント”の姿に迫っていきたい。

Photo by Alan Del Rio Ortiz/Stylist=Avigail Collins/Hair=Pamela Neal/Make up=Hinako Nishiguchi
Jacket=Bella Freud/Shirt=Acne/Trousers=Bella Freud/Necklaces=by Ellie Vaile

Contents

Interview|セイント・ヴィンセント『Daddy’s Home』でのギター・アプローチ

Interview|セイント・ヴィンセント
『Daddy's Home』でのギター・アプローチ

『Daddy's Home』でのギター・プレイについて話を聞いていこう。自由な発想のギター・アレンジはどのように生まれるのだろうか。

『Daddy’s Home』を彩るセイント・ヴィンセントの使用機材

『Daddy's Home』を彩る
セイント・ヴィンセントの使用機材

ここでは『Daddy's Home』で使用された機材について、本人コメントとともに紹介していこう。

Playing Analysis|『Daddy’s Home』インプロヴァイズから読み取るアーティスト性

Playing Analysis|『Daddy's Home』
インプロヴァイズから読み取るアーティスト性

セイント・ヴィンセントの最新作『Daddy's Home』から、ギター・ソロを厳選して紹介。インプロヴァイズに表われる彼女の音楽性を、弾いて考えてみる。

最新作に合わせて生み出された新シグネチャー・モデル=Goldie

最新作に合わせて生み出された
新シグネチャー・モデル=Goldie

『Daddy's Home』に合わせて作られたという、新たなセイント・ヴィンセント・モデル=Goldie。そのこだわりポイントを見ていこう。