特集:マーク・リーボウ エッジィなギターで奏でる“希望” 特集:マーク・リーボウ エッジィなギターで奏でる“希望”

特集:マーク・リーボウ 
エッジィなギターで奏でる“希望”

マーク・リーボウのセラミック・ドッグが3年ぶりとなる最新作をリリースした。エモーショナルさが溢れ出た前作『YRU Still Here?』から一転、トム・ウェイツのようなスモーキーな語りから幕を開ける本作は、『HOPE』と名付けられた。しかしギター・サウンドは鋭く、ロックなアプローチが満載。今回はセラミック・ドッグ名義でのギターの圧倒的な存在感について、本人のインタビューを軸に探っていこう。

写真=Photo by Jack Vartoogian/Getty Images

Contents

Playing Analysis|『HOPE』唯一無二のプレイに垣間見るバック・グラウンド

Playing Analysis|『HOPE』
唯一無二のプレイに垣間見るバック・グラウンド

『HOPE』のギター的ハイライトを編集部の独断と偏見でピックアップ! 参考譜例をご用意しました。ぜひチャレンジしてみて下さい!

セラミック・ドッグ名義でのマーク・リーボウは何が違う?

セラミック・ドッグ名義でのマーク・リーボウは何が違う?

多彩なバック・グランドを持つマーク・リーボウ。そんな彼がセラミック・ドッグ名義の作品だけで見せる特異性とは?