特集:折坂悠太『心理』背景を彩る音響的ギターの正体に迫る 特集:折坂悠太『心理』背景を彩る音響的ギターの正体に迫る

特集:折坂悠太『心理』
背景を彩る音響的ギターの正体に迫る

名作『平成』とドラマ主題歌「朝顔」で、日本を代表するシンガー・ソングライターとして広く認知された折坂悠太。彼の楽曲を彩るバンド・メンバーは“合奏”から“重奏”へと移り変わり、最新作『心理』では、歌の背景を滲ませるような音響的なアプローチも聴ける。それは混沌とした音でもあり、神聖さも持ち合わせた不思議な音像を持つが、その特異なサウンドにおいて京都在住のギタリスト=山内弘太という存在が重要な役割を担っているようだ。今回の特集では、折坂作品においてギターという楽器がどういう役割を持っているのかを考えていきたい。

写真=西槇太一

Contents

折坂悠太の使用ギターと新たに導入したエレキ関連機材

折坂悠太の使用ギターと
新たに導入したエレキ関連機材

最新作『心理』ではエレキ・ギターも導入した折坂悠太。ここでは撮影に成功したツアー用セットを紹介しよう。

山内弘太の愛用機材 折坂悠太(重奏)の音響成分を生み出すギア

山内弘太の愛用機材 
折坂悠太(重奏)の音響成分を生み出すギア

折坂悠太(重奏)のメンバーとして、多様なアプローチで楽曲を彩る山内弘太。ここでは彼が折坂のツアーのために用意したセットを紹介していこう。

Interview|中村公輔(Kangaroo Pow)12本のマイクを使った「nyunen」の録音

Interview|中村公輔(Kangaroo Pow)
12本のマイクを使った「nyunen」の録音

実験的なサウンドも多い『心理』だが、ギターの録音はどのようなこだわりがあったのか。エンジニアの中村公輔に話を聞いた。