【特集:進撃のジャズファンク外伝】フレディ・ロビンソン〜当代きってのソウルフルマン 【特集:進撃のジャズファンク外伝】フレディ・ロビンソン〜当代きってのソウルフルマン

【特集:進撃のジャズファンク外伝】
フレディ・ロビンソン〜当代きってのソウルフルマン

伝説の大特集『進撃のジャズファンク』の新章がWEBでスタート! グラント・グリーンが煙をブッハーと吐き出すインパクト大の表紙でお馴染み『ギター・マガジン2017年3月号 進撃のジャズファンク』と同じく、おもに70年代に活躍していた、グルーヴィ・ギタリストたちを月イチで紹介していこう。1人目は当代きってのソウルフルマン、フレディ・ロビンソンから!

文=久保木靖

ギター・マガジン2017年3月号
進撃のジャズファンク

フレディ・ロビンソンに興味のある方は、ぜひギター・マガジン2017年3月号も電子版などでチェックを! 本特集の始まりである『進撃のジャズファンク』では、グラント・グリーン、メルヴィン・スパークス、ブーガルー・ジョー・ジョーンズ、オドネル・リーヴィー、ジョージ・ベンソンなど、ジャズファンクの名手を紹介しています。

Contents

Biography|フレディ・ロビンソン 
歌心満点のソウルフル・ギタリストは、いかにして生まれたのか?

レイ・チャールズ・バンドへの加入が、ジャズファンク道の転機に。  “器用貧乏”という言葉はこの男のためにあるのかもしれない。  ブルースに端を発し、やがてジャズに活路を見出し、最終的にはソウルフルな表現へ……いずれの時期も高水準な音楽を作り出していたものの、残念ながら大きな人気を得ることがなかった。

Discography|フレディ・ロビンソンの必聴プレイ70年代ジャズファンクを代表する名盤5作

Discography|フレディ・ロビンソンの必聴プレイ
70年代ジャズファンクを代表する名盤5作

フレディ・ロビンソンのソウルフルなギターが縦横無尽に飛び回る、70年代ジャズファンク名盤を5作品紹介! ファンキー・ギタリストを目指すなら、どれも必聴!

Playing Analysis|フレーズ分析  ブルース・リック+ジャジィな“つかみ”。

Playing Analysis|フレーズ分析
ブルース・リック+ジャジィな“つかみ”。

2nd作『Hot Fun In The Summertime』(1970年)の冒頭に収められたファンキー・チューン「Caprice's Green Grass」を題材にフレディ・ロビンソンのプレイをチェック! 譜例はアドリブ・ソロ部分の出だしをシミュレートしたものだ。