田邊駿一(BLUE ENCOUNT)の使用機材を紹介! 田邊駿一(BLUE ENCOUNT)の使用機材を紹介!

田邊駿一(BLUE ENCOUNT)の使用機材を紹介!

BLUE ENCOUNTの最新作『Q.E.D』について、ギターの江口雄也とボーカル&ギターの田邊駿一にインタビューを敢行。取材時には所有機材を持ってきてもらった。ここでは田邊のギターとペダルボードの写真をお見せしよう。インタビュー記事と合わせてチェックしてほしい。

取材=福崎敬太 撮影=星野俊


ワーミー先輩を多用しています。

 今作ではスタジオで借りたフェンダーカスタムショップのジャズマスターが活躍しましたね。「棘」と「VOLCANO DANCE」で使ったんですけど、粒が立つしアルペジオの繊細さも表現してくれる。ほかにもいろんなギターを使いました。いつもレコーディングで使わせてもらっているサウンドクルースタジオに貸し機材がたくさんあって、そこにあるギターはいろんな人に弾かれ倒されているものなので、鳴りが仕上がった状態なんですよ。そこのレス・ポールはよく使っています。
 アンプはヒュース&ケトナーで、ペダルに関してはワーミー先輩を多用しています(笑)。歪みなどはほとんアンプ側で作っていますね。

──田邊駿一

TANABE’S GUITAR

Gibson
Les Paul Standard

『Q.E.D』のレコーディングでは登場していないが、田邊のメイン器の1本として活躍するのが、ギブソン・カスタムのレス・ポール・スタンダード。2017年に入手したもので、バダス・ブリッジを搭載したモデルだ。

Psychederhythm
Hollow T Custom

2018年に手に入れた、サイケデリズムのシンラインTLタイプ。ボディはアルダーでネックはメイプル、指板はローズウッドで300Rとかなりフラットな仕様。繊細な表現を求められる時に使用するそうだ。

TANABE’S PEDALBOARD

右上から時計回りにFREE THE TONE/JB-82S(ジャンクション・ボックス)、BOSS/FV-500H(ボリューム・ペダル)、FREE THE TONE/ARC-3(プログラマブル・スイッチャー)、TC Electronic/polytune(チューナー)、TC Electronic/NOVA DELAY(ディレイ)、DigiTech/Whammy DT(ワーミー)。ギターからジャンクション・ボックスに入り、スイッチャーへ。スイッチャーはL1にワーミー、L2に歪み(撮影時にはなかったが、ボード外に位置)、その後一度アウトされボリューム・ペダルを経由してスイッチャーに戻り、L5にディレイがつながれ、アンプへと出力される。

最新作

『Q.E.D』 BLUE ENCOUNT

キューン/KSCL-3275/2020年11月18日リリース

―Track List―

01.STAY HOPE
02.バッドパラドックス
03.ポラリス
04.FREEDOM
05.棘
06.VOLCANO DANCE
07.HAPPY ENDING STORY
08.あなたへ
09.ユメミグサ
10.ハミングバード
11.喝采

―Guitarists―

江口雄也、田邊駿一