Interview | もっさ&朝日(ネクライトーキー)ギターに導かれたポップ&プログレ作『FREAK』 Interview | もっさ&朝日(ネクライトーキー)ギターに導かれたポップ&プログレ作『FREAK』

Interview | もっさ&朝日(ネクライトーキー)ギターに導かれたポップ&プログレ作『FREAK』

このアンプと一緒に
くたびれていきたいですね。
(朝日)

今作の使用機材についても教えて下さい。まず、ギターはどのようなものを?

朝日 俺は基本的にJERSEY GIRL homemade guitarsのNascauxですね。あとは「豪徳寺ラプソディ」のイントロで“ガーン!”って鳴らしてるのはMOMOSEのMJM2-STD/NJ。JMタイプのギター・サウンドってたまに聴きたくなるんですよね。

もっさ デモ音源にJMの音が入ってるとテンション上がるかも。

朝日 あとは「誰が為にCHAKAPOCOは鳴る(Album EDIT)」はボディがSchecterのシンライン・タイプのものに、Addictoneのネックをつけたものを使いましたね。

朝日さんの以前のメイン器ですね。もっささんは?

もっさ 私は「踊る子供、走るパトカー」だけ以前メインで使っていたストラトで、あとはMustangですね。

「大事なことは大事にできたら」ではアコギも聴けますが、これは?

朝日 これはもっさが持っていたMorris Guitarsのアコギだったかな。もっさが持っているやつを俺が弾きました。

「気になっていく」は温かみのあるジャジィなソロも披露していますが、ここは箱モノを使ったんですか?

朝日 実はあれもNascauxなんですよ。このギターは本当にクリーンの度量が大きいというか。太くて繊細な音がするんですよ。まだ、ギターの良さを生かしきれていないのでまだまだ、試行錯誤していますけどね。

それは意外でした。今作に使用したアンプについても教えて下さい。

もっさ 今回は2人ともライブで使っているものにしましたね。私はFender Tone MasterシリーズのDeluxe Reverbです。真空管のものと弾き比べてみたんですが、トランジスタのタイプのほうがきらびやかな音に聴こえたんですよね。

朝日 あのアンプはライブでの音の突破力が高いよね。

もっさ そうそう。あとはスピーカーが12インチのもの(Jensen N-12K Neo)が1発だけという潔さにも惹かれましたね。

朝日さんはMarshallでしょうか?

朝日 そうですね。JCM900で。個人的にはJCM800のほうが好きな音なんですけど、ネクライトーキーのアンサンブルにはこっちが合うし、ライブハウスにあるJCM900を使うことが多かったのもあって。

備付けのアンプってくたびれているものも多いのでは?

朝日 そうなんです。それで、新品のJCM900を弾いた時に“こんなにもハツラツとした音がするんだ”と思ってびっくりして。このJCM900とはこれから一緒にくたびれていきたいなと思って購入しました。

アンプもこれからの相棒になっていくんですね。今作で活躍したペダルについても教えて欲しいのですが、なんと言っても「はよファズ踏めや」で使用したノイジィなファズが気になります。

朝日 VEMURAMのMyriad Fuzzですね。ファズ愛好家からはちょっと上品すぎるという声もあるみたいですが(笑)、Sunfish AudioのM-Prunusというオーバードライブでクランチを作って、それと合わせると、かなりイカれた音になるんですよ。

リフの音と音の合間はずっとハウりまくってますもんね(笑)。「大事なことは大事にできたら」でもかなり強烈な歪みが聴けます。

朝日 これも同じ組み合わせですね。でも、ずっとビブラートしながら演奏しているという。自分でもなぜかはわからないですし、ただ疲れるだけなんですけどね(笑)。

この曲や「誰が為にCHAKAPOCOは鳴る(Album EDIT)」などではワウも使っていますよね?

朝日 そうですね。ワウはFulltoneのCLYDE WAH DELUXE。ワウって音ヤセしてしまうことが多いんですけど、これはしっかり鳴ってくれるんですよ。あとは、このワウはツマミが多くて初めは迷ったんですけど、“Jimi”って書いてある場所にセッティングしておけば間違いないだろうと思って使っています(笑)。

(笑)。今作で一番プログレ・ライクな楽曲、「カニノダンス」ではディレイが印象的ですが、これはどういったものを?

朝日 そこはEarthQuaker DevicesのDisaster Transportですね。モジュレーションをかけつつ、ディレイできるエフェクターなんですけど、それを使いました。ちなみに「はよファズ踏めや」のディレイはエンジニアさんのイタズラです(笑)。

(笑)。こうした機材を駆使した今作『FREAK』のリリース・ツアー、“ゴーゴートーキーズ! 2021”が始まります。6月19日(土)の横浜1000Clubから9月30日(木)豊洲PITまで、全国23ヵ所で行なわれますが、最後に意気込みをお願いします。

朝日 自分は今回とても良いアルバムができたと思っているので、その曲と一緒にツアーを回れることを楽しみにしています。

もっさ 良い曲ができたので、ちゃんと届けられるようにしたいですね。なので、リフのことは置いておいて(笑)、リズム隊と一体となって、リズム・ギターをがんばります!

MOSSA & ASAHI’S GUITARS

MOSSA’S
1969 Fender
Mustang

複雑化するもっさのパートを支える新たな相棒

もっさのメイン器は2019年に購入したという69年製フェンダー・ムスタング。フレットを打ち替えた以外はオリジナルのまま使用しているという状態の良い個体である。PUはフロントで固定し、フロントとリアをミックスした“フェイズ・イン・サウンド”にし、ボリュームは常にフルで使用しているそう。“ボディのくびれと音のレスポンスが早い”点がお気に入りとのこと。

ASAHI’S
JERSEY GIRL homemade guitars
Nascaux

バンド結成以前から憧れていた1本

朝日のメイン・ギターは北海道・旭川にある楽器工房、JERSEY GIRL homemade guitarsのNascauxだ。本器の材構成は、メイプル・トップ&マホガニー・バックのボディに、ウォルナット・ネック&カリン指板。PUに2基のオリジナル・ハムバッカーを搭載している。朝日がネクライトーキー結成以前から憧れた1本で、“あまりの音の良さに感動した”と語る1本だ。

ASAHI’S
MOMOSE
MJM2-STD/NJ

オルタナ・サウンドをもたらすサブ・ギター

こちらは朝日のサブ・ギター、MOMOSE製MJM2-STD/NJ。本作でも「豪徳寺ラプソディ」でノイジィなサウンドを創出する際に活躍した。本来、ピックガードはアノダイズドであるが、購入時には白色のものへ変更されていたそうだ。入手後には、弦落ち対策のため、ブリッジ・サドルをAstronauts Guitars製に変更している。

MOSSA & ASAHI’S PEDALBOARDS

MOSSA’S BOARD

スイッチャーで視認性&操作性を向上

【Pedal List】
①FREE THE TONE/ARC-53M(スイッチャー)
②JHS Pedals / Haunting Mids(イコライザー)
③VEMURAM/Jan Ray(オーバードライブ)
④Fulltone/OCD(オーバードライブ)
⑤ProCo/RAT2(ディストーション)
⑥tc electronic/CORONA(コーラス)
⑦tc electronic/polytune2(チューナー)
⑧FREE THE TONE/PT-5D(パワー・サプライ)


こちらはもっさのボード。スイッチャーを軸に各音色を切り替えられるようになっており、ギター・ボーカリストにとって重要な視認性と操作性の高さに特化したボードと言えるだろう。スイッチャー①ですべてのエフェクターを管理しており、各ループには②~⑥のペダルがそれぞれ個別に接続され、⑦はチューナー・アウトでコントロール。①からFender Tone Master Deluxe Reverbから出力される。

ASAHI’S BOARD

最新作を彩るエフェクトはここから。

【Pedal List】
①Fulltone/CLYDE WAH DELUXE(ワウ)
②KORG/Pitchblack Advance PB-AD(チューナー)
③Sunfish Audio/M-Prunus(オーバードライブ)
④Bogner/Ecstasy Red Pedal(オーバードライブ)
⑤VEMURAM/Myriad Fuzz(ファズ)
⑥JERSEY GIRL homemade guitars/middranger(ブースター)
⑦Electro-Harmonix/POG2(オクターバー)
⑧Retro-Sonic/Chorus Stereo Edition (コーラス)
⑨EarthQuaker Devices/Disaster Transport(ディレイ)
⑩FREE THE TONE/PY-3D(パワー・サプライ)

今作で活躍したペダルが並ぶ朝日のボード。ボード内のエフェクターは、①~⑨まで番号順に直列で接続されている。その後、Marshall JCM900から出力される。⑥はメイン器と同じJERSEY GIRL homemade guitars製のミッド・ブースターで、“リード・トーン向きの音が出る”と語ってくれた。

作品データ

『FREAK』
ネクライトーキー

ソニー/AICL-4055/2021年5月19日リリース

―Track List―

01.気になっていく
02.はよファズ踏めや
03.大事なことは大事にできたら
04.踊る子供、走るパトカー
05.誰が為にCHAKAPOCOは鳴る(Album EDIT)
06.俺にとっちゃあ全部がクソに思えるよ
07.八番街ピコピコ通り
08.豪徳寺ラプソディ
09.カニノダンス
10.思い出すこと
11.続・かえるくんの冒険
12.Mr.エレキギターマン
13.夢を見ていた

―Guitarists―

もっさ、朝日