ビリー・バトラー|ヒップなソウル・ジャズ職人|【特集:進撃のジャズファンク外伝】 ビリー・バトラー|ヒップなソウル・ジャズ職人|【特集:進撃のジャズファンク外伝】

ビリー・バトラー|ヒップなソウル・ジャズ職人|【特集:進撃のジャズファンク外伝】

雑誌ギター・マガジンの伝説の大特集『進撃のジャズファンク』のWEB外伝! 今月はヒップでゴキゲンなソウル・ジャズ職人、ビリー・バトラーにフォーカス!

文=久保木靖

ギター・マガジン2017年3月号
進撃のジャズファンク

ジャズ・ファンクに興味のある方は、ぜひギター・マガジン2017年3月号も電子版などでチェックを! 本特集の始まりである『進撃のジャズファンク』では、グラント・グリーン、メルヴィン・スパークス、ブーガルー・ジョー・ジョーンズ、オドネル・リーヴィー、ジョージ・ベンソンなど、ジャズファンクの名手を紹介しています。

Contents

Playing Analysis | フレーズ分析|ブルースの大スタンダードで見せたソウルフルな味付け

Playing Analysis | フレーズ分析|ブルースの大スタンダードで見せたソウルフルな味付け

名門プレスティッジに残された「Honky Tonk」を素材に、ビリー・バトラー奏法の一端を見てみよう。このソロは事前に作曲された“決めソロ”である。