特集:マーク・レッティエリ 超バーサタイル・プレイヤーの真髄に迫る 特集:マーク・レッティエリ 超バーサタイル・プレイヤーの真髄に迫る

特集:マーク・レッティエリ 
超バーサタイル・プレイヤーの真髄に迫る

スナーキー・パピーのメンバーとして先鋭的なジャズ〜ロックを聴かせ、コリー・ウォンやネイト・スミスらとのザ・フィアレス・フライヤーズでは超グルーヴィなファンキー・プレイを披露するバーサタイルなギタリスト、マーク・レッティエリ。そんな彼がバリトン・ギターを徹底フィーチャーしたソロ・アルバム『Deep: The Baritone Sessions Vol.2』を発表した。さらにスナーキー・パピーとしての2021年グラミー賞の受賞、ポール・リード・スミスからのシグネチャー・モデルのリリースなど、話題に尽きない彼の魅力を、最新作の話を軸に深堀りしていきたい。

Photo by Peter Van Breukelen/Redferns/Getty Images

Contents

7つのトピックで知る、マーク・レッティエリ。

まずはマーク・レッティエリのプロフィールからおさらいしておこう。ここでは、2019年3月号の『NOW』連載に掲載した「6つのトピックで知る、マーク・レッティエリ」の情報にアップデートを加えた形で、彼に関する基本情報をお届けする。

ポール・リード・スミスからリリースされたシグネチャー・モデル、Fioreを語る!

ポール・リード・スミスからリリースされた
シグネチャー・モデル、Fioreを語る!

マーク・レッティエリのギター的な最新トピックといえば、ポール・リード・スミスからリリースされたシグネチャー・モデル=Fioreだろう。このギターについて、本人の言葉とともに紹介しよう。