特集:ナイア・イズミ先進的ギター・テクニックとネオソウルの邂逅 特集:ナイア・イズミ先進的ギター・テクニックとネオソウルの邂逅

特集:ナイア・イズミ
先進的ギター・テクニックとネオソウルの邂逅

グラミー・アーティストも輩出する米NPR放送主催の“Tiny Desk Contest”で、2018年にグランプリを獲得したネオソウル・シンガー&ギタリスト、ナイア・イズミ。タッピングも用いるユニークな奏法とネオソウルとして高いクオリティを持つ楽曲が、Instagramでも多くのフォロワーを獲得している次世代のギター・ヒーローだ。そんな彼がついにデビュー・アルバム『A Residency In The Los Angeles Area』を完成させた。まだ日本国内では情報が少ないナイアだが、今回の特集でその正体を解き明かしていきたい。

Photo by Svet Jacqueline

Contents

奏法分析|ナイア・イズミ『A Residency in the Los Angeles Area』最高難度の歌伴テクニック

奏法分析|ナイア・イズミ『A Residency in the Los Angeles Area』
最高難度の歌伴テクニック

ここでは代表曲の印象的なリフを元に、彼のプレイスタイルの真髄に迫っていきたい。ぜひ歌いながら弾けるようになるまでチャレンジを!