特集:BREIMEN『FICTION』ファンクでポップな奇才、サトウカツシロの正体 特集:BREIMEN『FICTION』ファンクでポップな奇才、サトウカツシロの正体

特集:BREIMEN『FICTION』
ファンクでポップな奇才、サトウカツシロの正体

奇想天外なアレンジとメンバーそれぞれの高い演奏技術が話題を集めるミクスチャー・ファンク・バンド、BREIMENが3rdフル・アルバム『FICTION』をリリース。彼らの音楽の中で、ブラック・ミュージックのグルーヴ感とポップスのキャッチーさとの絶妙なバランス感をコントロールする重要人物が、ギタリストのサトウカツシロだと感じる。今回は、サトウが最新作のプレイについて語ったインタビュー、レコーディング使用機材、そして奏法直伝企画をとおして、彼のギタリストとしてのスタンスを探っていく。

企画・構成=伊藤雅景 写真=星野俊

Contents

Interview|“BREIMENのギタリスト”=サトウカツシロが生まれるまで

Interview|“BREIMENのギタリスト”=サトウカツシロが生まれるまで

ユニークなギター・プレイでバンド・サウンドを牽引するサトウカツシロ。彼がどのようにして現在のスタイルに行き着いたのかを探るため、BREIMENでのギター・マガジン初登場時のインタビューを特別に掲載。