【特集】  シティ・ポップ偉人伝。山下達郎を支えた名ギタリスト達。 【特集】  シティ・ポップ偉人伝。山下達郎を支えた名ギタリスト達。

【特集】 シティ・ポップ偉人伝。
山下達郎を支えた名ギタリスト達。

他のサイトにはないギター・マガジンWEBの大きな特徴が、「特集」という概念。ひとつのテーマを掲げて、複数の記事を展開するこのWEB特集だが、第一弾は現在発売中のギター・マガジンと同様、シティ・ポップのギタリストにフォーカス! 達郎サウンドを支えたギタリスト、そして達郎自身のギターも考察していこう。

Contents

一級品のメロウネス。
バッキング名手=松木恒秀

達郎サウンドを支えたギタリスト、まず一人目は何と言ってもこの人。ギター・マガジン本誌で何度も取り上げている、松木恒秀である。エリック・ゲイルやデヴィッド・Tに匹敵する、極上のタッチが生むメロウなバッキングはまさに一級品。達郎作品に欠かせない、核のひとつと言っていいだろう。

ドラマチックなソロ構築美は、
もはや芸術の域=大村憲司

山下達郎のギタリスト2人目は、昭和ポップ(ニューミュージック)やYMOなどでも活躍した大村憲司。達郎作品においては、デュプリーとウェスが融合したようなムードで、楽曲を甘美に仕立てた。ソロイストとしての起用も多く、その構築美はもはや芸術の域。達郎の狙いもそこにあったのだろうか。

ジェット・フェイザーの熱いソロ
攻めの音色=椎名和夫

達郎を支えたギタリスト、3人目は椎名和夫だ。椎名といえば、「BOMBER」や「SILENT SCREAMER」でのジェット・サウンドをかけたギター・ソロから「LOVELAND, ISLAND」などでの単音バッキングといった職人的なプレイまで、幅広い演奏で達郎を支えた。達郎作品における椎名の存在感を考察しよう。

2万円以下のコンプレッサーで作る
山下達郎「LOVELAND, ISLAND」サウンド

山下達郎「LOVELAND ISLAND」のカッティングを真似したい! ということで、今回は2万円以下で手に入るペダル型コンプで、あのヤマタツ・サウンドに迫ってみよう。エントリーしたのはキャラクターの異なる4機種だが、果たしてどれが最もヤマタツ・サウンドに近づけるのか!? 結果やいかに?

山下達郎サウンドの要 
本人愛用のテレキャスター考察

達郎作品のギター・サウンドを語る上で、本人愛用のテレキャスターは欠かせない存在だ。ここでは長年愛用する、フェンダーのテレキャスターについて、スペックを紐解くとともに、楽曲/アレンジ面に与えている影響も考察してみよう。