『A LONG VACATION』40周年!大滝詠一が求めたギター・サウンドとは? 『A LONG VACATION』40周年!大滝詠一が求めたギター・サウンドとは?

『A LONG VACATION』40周年!
大滝詠一が求めたギター・サウンドとは?

大滝詠一が日本のポップス・シーンに打ち立てた金字塔作品=『A LONG VACATION』。1981年3月21日の発売から40周年を迎え、記念作品のリリースやサブスク解禁など、近年のシティ・ポップ・ブームで新たに獲得した若いファンにとっても朗報が続いている。ということで、改めてこのエヴァーグリーンな作品でのギター・プレイをフィーチャーしてみたい。エレキ・ギター・パートの大部分を担った鈴木茂&村松邦男にも登場してもらい、“大滝詠一がギターに求めた役割”について考えていこう。

写真=井出情児

Contents

『A LONG VACATION』基本情報
ナイアガラ・サウンドとは??

ギタマガWEBのロンバケ特集、まずはその基本情報についておさらいしておこう。日本屈指の名ギター・プレイヤーが合計10名以上参加した本作で、大滝詠一はどのようなサウンドを求めたのか。“ナイアガラ・サウンド”におけるギターの役割について考えていこう。

大滝詠一楽曲で聴ける村松邦男のギター・プレイ。

ギタマガ流大滝詠一特集となれば、取り上げるべきギタリストは鈴木茂と村松邦男のご両人! 『ロンバケ』でもエレキを弾いているのも、概ねこの2人である。ということで本記事ではまず、村松邦男の参加楽曲を厳選してご紹介。大滝詠一作品のほとんどに参加し、献身的なリズム・ギターを披露し続けた男をピックアップだ!

ロンバケで使われたエレキ・ギターについて。

“ロンバケ”のエレキ・ギター・パートで大きな役割を果たした鈴木茂と村松邦男。そのふたりの特別対談に入る前に、彼らが作品で使用したギターを紹介しよう。誰もが耳にしたことのある、あのギター・サウンドを生み出した名器についてのお話。

鈴木茂が参加した大滝詠一楽曲での名演。

大滝詠一をギター目線で見つめた時、ダントツで最重要人物と言えるのが鈴木茂だ。はっぴんえんど時代からの盟友にして、大滝がキャリアを通じて最も信頼を置いたエレキ・プレイヤーである。彼が大滝作品でどんな名演を残したのか、特製のプレイリストとともに振り返ろう!

『A LONG VACATION』のギター名演を弾く。

近日公開予定の鈴木茂&村松邦男による特別対談の中でも話題に上がった楽曲の中から、ギタマガWEB的に“イマ弾きたい”フレーズを厳選して譜例を作成してみました。エヴァーグリーンなその魅力を、弾いて確かめましょう!

夏のナイアガラ・ギター放談!鈴木茂 × 村松邦男(前編)

夏のナイアガラ・ギター放談!
鈴木茂 × 村松邦男(前編)

本特集の目玉として、鈴木茂と村松邦男の特別対談をお送りしよう! “夏のナイアガラ・ギター放談”と題し、大滝詠一をテーマに思う存分語ってもらった。まずこの前編では『A LONG VACATION』以前、70年代を中心としたトークをお届け。70年代の大滝名盤のひとつに『NIAGARA MOON』が挙げられるが、本作発表した1975年は鈴木茂が『BAND WAGON』を、SUGAR BABEが『SONGS』をリリースしており、この頃は2人にとっても絶頂期だったと言える。果たしてどんなエピソードが飛び出すのか? お楽しみに! 近日公開の後編も乞うご期待。

夏のナイアガラ・ギター放談!鈴木茂 × 村松邦男(後編)

夏のナイアガラ・ギター放談!
鈴木茂 × 村松邦男(後編)

鈴木茂と村松邦男の特別対談、後編をお届け! 『A LONG VACATION』についての話を中心におしゃべりしてもらった。