『A LONG VACATION』40周年!大滝詠一が求めたギター・サウンドとは? 『A LONG VACATION』40周年!大滝詠一が求めたギター・サウンドとは?

『A LONG VACATION』40周年!
大滝詠一が求めたギター・サウンドとは?

大滝詠一が日本のポップス・シーンに打ち立てた金字塔作品=『A LONG VACATION』。1981年3月21日の発売から40周年を迎え、記念作品のリリースやサブスク解禁など、近年のシティ・ポップ・ブームで新たに獲得した若いファンにとっても朗報が続いている。ということで、改めてこのエヴァーグリーンな作品でのギター・プレイをフィーチャーしてみたい。エレキ・ギター・パートの大部分を担った鈴木茂&村松邦男にも登場してもらい、“大滝詠一がギターに求めた役割”について考えていこう。

写真=井出情児

Contents

『A LONG VACATION』基本情報
ナイアガラ・サウンドとは??

ギタマガWEBのロンバケ特集、まずはその基本情報についておさらいしておこう。日本屈指の名ギター・プレイヤーが合計10名以上参加した本作で、大滝詠一はどのようなサウンドを求めたのか。“ナイアガラ・サウンド”におけるギターの役割について考えていこう。

ロンバケで使われたエレキ・ギターについて。

ロンバケで使われたエレキ・ギターについて。

“ロンバケ”のエレキ・ギター・パートで大きな役割を果たした鈴木茂と村松邦男。そのふたりの特別対談に入る前に、彼らが作品で使用したギターを紹介しよう。誰もが耳にしたことのある、あのギター・サウンドを生み出した名器についてのお話。

鈴木茂が参加した大滝詠一楽曲での名演。

鈴木茂が参加した大滝詠一楽曲での名演。

はっぴいえんどのメンバーとしてその伝説が始まった大滝詠一と鈴木茂。切っても切れないその関係は、言わずもがな、それぞれが個人として活躍するようになってからも続く。ここでは鈴木による名演が聴ける大滝楽曲のプレイリストから、ふたりの蜜月を探る。

大滝詠一楽曲で聴ける村松邦男のギター・プレイ。

大滝詠一楽曲で聴ける村松邦男のギター・プレイ。

大滝詠一のソロ作品に最も貢献したエレキ弾きは村松邦男である。大滝のプライベート・スタジオ=福生45スタジオ常連で、リズム・ギタリストとして多くの楽曲でグルーヴを生み出してきた。鈴木に続き、村松が活躍する大滝楽曲のプレイリストをお届けしよう。

特別対談:鈴木茂 × 村松邦男

特別対談:鈴木茂 × 村松邦男

本特集の目玉企画として、鈴木茂と村松邦男の特別対談をお届けしよう! “ロンバケ”でのそれぞれのプレイ、お互いのギタリストとしての印象、“大滝詠一”という稀代の音楽人についてなど、さまざまなテーマについて語ってもらった。

『A LONG VACATION』のギター名演を弾く。

『A LONG VACATION』のギター名演を弾く。

特集のラストは“ロンバケ”を弾いて締めましょう! 鈴木&村松による特別対談の中でも話題に上がった楽曲の中から、ギタマガWEB的に“イマ弾きたい”フレーズを厳選して譜例を作成してみました。エヴァーグリーンなその魅力を弾いて確かめましょう!